東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐクリスマスです。

今年のクリスマスは、去年までとは違います。

家族も友達も恋人もいない、一人のクリスマス。
南半球の真夏のクリスマス。
海外で過ごすクリスマス。
仕事も門限もないクリスマス。


さぁ、どうするか。
ここは重要な問題です。
クリスマスまでまだ、若干の時間があります。
選択肢は3つ。
①彼氏を(無理やり)作る
②環境に応じて楽しむ
③ふてくされて寝る

ここはもちろん①でっ!!
と言いたいところですが、
今年は②で行きます。
①は来年に期待しましょう(笑)。



私は、私のクリスマスを全力で楽しむために、
今日から『一人クリスマス実行委員』になります。
そして、『一人クリスマス実行委員』として、それに全力を注ぎます!!

このブログを読んでくださっているあなた、
動向を温かく見守ってください。
いつものブログは、結果を(若干編集して???)載せることが多いですが、
今回は、プロセスから全部大公開しまーす。




さてさて。
今年はどんなクリスマスにしようかなーと考えながら、
移動のバスの中でガイドブックをめくっていた十日ほど前。
やっぱりここは、南米特有のことしたいよなーって思ってた。
そこで目に飛び込んできたのが、
『ポルトアレグレという町は放牧を主業としている州の州都なので肉がおいしい』
これだぁぁぁぁぁっ

『クリスマスは美味しいお肉を食べて過ごす』



そういえば、ブラジルはカトリックの国だったよなぁ…。
そういえば、ちゃんとクリスマスのミサって知らないよなぁ。

『クリスマスは、カトリック教会に行ってミサに参加してみる』



サンパウロで、日系の人と話してて、
「サンパウロの後はどこに行くの?」って話になった時に、
「ポルトアレグレでお肉を食べてクリスマスを過ごします」って言ったら、
「ポルトアレグレは都会だから、落ち着いてクリスマスの雰囲気を味わうなら、グラマドに行った方がいいよ。」って教えてもらいました。
グラマドは、ポルトアレグレからバスで2時間くらいのところにあって、
ヨーロピアンな街並みで、のどかな景色で、ワインがおいしいらしいのです。

『ヨーロピアンな街並みとのどかな景色の中で、おいしいワインとお肉をとミサを堪能する』


はい。
今年のクリスマスのテーマ、これで行きまーす。
あれ?南米っぽいの、『肉』しかないじゃん。
いいんです、楽しむのが第一だからっ(笑)。


というわけで、本日、ポルトアレグレにやってきました。
世の中、特にキリスト教国は、クリスマスが祝日でホテルや店も休みになることあるから、ホテルくらい確保しておかなきゃ。
それに、グラマドは人気の町と言うではないか。
ポルトアレグレの宿にチェックインしたの、夜の8時半でしたけど、
必死で探しました。
今、予約の返事待ち状態です。
スポンサーサイト

[2011/12/23 19:44] | ブラジル
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。