東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベレンの町に戻ってきました。
ベレンの町は、アマゾン河クルーズの終着地点でした。
サルバドールから36時間バスに揺られてベレンに戻ってきた理由は・・・


ポロロッカ

です。



ポロロッカとは、アマゾン河河口付近で起きる逆流現象で、
満月と新月の日に起きる自然現象らしいです。

詳しくはWikiで調べてください。





前回、ベレンに滞在していた時はその時期から外れていました。
でも、絶対に見たかったポロロッカ。

色んな人に、ポロロッカのためにサルバドールからベレンに戻るというと
『クレイジーだな』といわれ続けてきましたが。

そんなわけで、満月・新月の日に合わせて、
今回、再びベレンに戻ってきたわけです。



今日は満月。

日本では皆既月食で盛り上がっている様子ですが、
私はポロロッカで盛り上がってました。




ガイドブックによると、
3~4月がもっとも大きいものが見られるが、満月と新月には起きる現象と記されている。
一応でも見れたっていう満足がほしかったので、
大きなものを見れなくても構わない。
サルバドールからベレンへのバスの中でリサーチをかけてみました。
『知らない』
の声が多数な中、
『カピンという町ならみられるよ』というありがたい情報あり。

確証を得るためにベレンの観光局で聞いてみると
『バスでカピンに行ってはどうですか?
でも、3・4月がベストシーズンだからねぇ。
自然ものだから絶対に見られるとも、絶対に見られないとも言えないけど、難しいと思うよ。
それよりも、ベレン近郊のリバービーチなどに行かれた方が有意義だと思うけど』と。

いやいや。
私はポロロッカのためにはるばるサルバドールから、いや、日本からやってきたのだーっ
せめてカピンに行かせてくれーっ



そんな周りの心配を押し切って、
本日、バスで片道3~4時間の小さな小さなアマゾン支流の町、カピンに行ってまいりました。


河は何の変哲もなく穏やか。

PC110146.jpg




港で『ポロロッカ、ポロロッカ』とわめいたところ、
『あっち。』と海の方を指差すおっちゃんあり。
そのままボートに飛び乗り、レッツゴー!!!



と思いきや、なぜか対岸で降ろされた。。。


近くにいたおっちゃんたちに再び『ポロロッカ、ポロロッカ』とわめいたところ、
『あんなの見てどーすんだ?
ポロロッカは3月と4月だけだよ。
今は見れないよ』
と言われる。
いやいや、見れなくてもいいから、とりあえず海の方まで行ってみたいんだけどなー
そうすれば私も納得できるんだけどなー
とお願いしてみても、船を出してくれない。
『どうしても行きたいなら、モトタクシー(バイクタクシー)で行きな』
と言われた。



ちぇっ




モトタクシーのおっちゃんにお願いしてみた。
でも、彼らもやっぱり同じことを言う。



一旅行者として、足がなく、地元民の協力を得られないとなれば
これ以上はできないということです。
つまり、手詰まり。



ベレンに戻ろう・・・。



がっくりと肩を落としてバス乗り場に戻った。





近くにいたおっちゃんが、ポルトガル語で何か言ってきたけど
さっぱりわからなかったので、
とりあえず、こちらも一方的に思いをぶつけてみた。
要は愚痴(笑)。
しかも日本語(笑)。
『ちょっと聞いてくれる?
私、ボロロッカがどうしても見たくて日本からやって来たんだよー
でも、見れないっていうじゃんか。
自然のことってわかってるけどさー、それは仕方ないけどさー、
なんでせめて船くらい出してくんないのさぁっ』

『ポロロッカ』の単語だけ分かったらしく、
(もしくはボロロッカを求めてやって来た変な日本人がいるっていう噂が立っていたかどちらか)
そのおっちゃん、近くにいた別のおっちゃんを指差しだす。
見るとそのおっちゃんの着てるシャツ、



ポロロッカサーフィンのTシャツじゃないかぁあぁぁぁぁっ

アマゾン河でサーフィンやでぇぇぇっ


PC110149.jpg


PC110148.jpg



大興奮で写真を撮りまくってしまった。





ベレン行きのバスに乗り込み、
出発直前、

さっきのおっちゃんがバスに乗り込み、
私にビニール袋に入った何かをくれて降りて行った。


袋を開けると

ポロロッカサーフィンのシャツ!!!



おっちゃんありがとう







ポロロッカは見られなかったけど、
めっちゃほくほくした一日でした。
スポンサーサイト

[2011/12/11 10:34] | ブラジル
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。