東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですが、レンソイスのことについて。
実は、裏レンソイスなんです(笑)




乾季の終わりの今。
どうしても行きたかったここを訪れるまでに、いろんな情報がありました。

10月末に訪れたショウさん・理恵さん情報:すごくよかったよー。でも11月になるとラグーンが一つになるんだって。
3週間くらい前に行った日本人の男性・光くん情報:ラグーンはいくつかありましたよ。
少し前に行ったスイス人の女性情報:小さなラグーンが3つくらいあるだけで、あまりきれいではなかったわ。
ガイドブック情報:ハイシーズンは7~12月


私がレンソイスに行ったのが12月1日。

乾季でラグーンが干上がってしまっていることを覚悟していたので
全く期待を寄せずに行きました。


でも、残っててよかった。
見れてよかった。
でも、もちろん、あー、干上がってるなーって感じで微妙なところいっぱい見ました。





今回は、実はツアーには参加してません。
でも、私はこれを『キャロラインツアー』と呼んでますが(笑)。

今回の参加メンバーは、
英語・スペイン語・ポルトガル語ペラペラのアメリカ人・キャロライン
ドイツ語・英語・スペイン語ペラペラのドイツ人・アナ
母国語のポルトガル語しかしゃべれないブラジル人・ニカシア
日本語と少しの英語しかしゃべれない日本人・えみりあ
の4名。
サンルイスの宿で同じドミだったメンバーです。

ガイドブックにはサンルイスからバヘリーニャスという町まで行って、
ツアーに参加するのが一般的で、
私もそのつもりでいました。
でも、バヘリーニャスやレンソイスよりも近い位置にあるサントアマロという町を拠点に行けるという情報を聞きつけ、
メンバーで乗り合いバスなどを拾いながら行こうということになりました。
ポルトガル語が喋れるメンバーがいるので、交渉はおまかせ。


ちなみに、このメンバーでの標準語は『ポルトガル語』です。
現地の人と打ち合わせたり、会話をするのも全部。

アナはポルトガル語はあまりしゃべれないみたいですが、
スペイン語とポルトガル語はかなり似ている部分があるので、
会話で何を言っているかはだいたいは理解できてるみたい。

問題は私です。
何を言っているのか全然わからず、
話にもついて行けず、
後から、「ねぇ、どうなったの?なんて言ったの?」と聞いてました。
しかも、アナとキャロラインの二人の英会話は速く、
聞き取るのも容易ではなく。
2人が私に説明したりしてくれるときは分かりやすく話してくれるけど、
聞き取るのに精いっぱいで、話に入る余裕すらなかった(汗)。

そんなわけで、今回のレンソイス行きは『ツアー』と銘打って
メンバーについて行くだけのお任せコース
現地での滞在や景色を思いっきり楽しむことだけに重点を絞ろうと割り切りました。

なので、ホントについて行って言われたままにお金を払っていたから
ぶっちゃけよくわからないんだけど、
たぶん、
朝3時半出発で、サンルイスからサンタアマロまで、
乗り合いバス(25レアル)とトヨタと呼ばれる四駆(15レアル)を乗継ぎ、
ポサダ(トリプルの部屋を4人でシェア)に泊まることにし、
トヨタをチャーター(40レアル)し、
10時半から19時まで
3か所のビューポイント(うち一つはただの川でがっかりスポットだったけど)を楽しみました。
昼ごはんはビール込みで別途29レアル支払いました。
翌日、朝4時出発でサンタアマロからパヘリーニャスまで
トヨタ(15レアル)と乗り合いバス(5レアル)を乗り継いで行きました。
たぶん。

昼時から一緒にビールを飲んでいたトヨタの運転手に命を預けるのは少々不安がありましたが、
結果的には一日中レンソイスを楽しみ、
しかもトヨタ貸切・ビューポイントも貸切状態。
かなりラッキーだったです。
ぶっちゃけ、通常ルートのパヘリーニャス側からのレンソイスではなかったので
『裏・レンソイス』だったわけですが、
十分楽しめました。
レンソイスの白砂漠とラグーンが見られたんだもん。
裏も表もあるかーって感じで(笑)。
お魚ラグーンは見られなかったけど。

パヘリーニャスについてから半日ツアーに行ったメンバーもいたけど
私は裏レンソイスで十分おなかいっぱいだったので行きませんでした。

ポルトガル語しゃべれるメンバーに恵まれてよかったー
でも、絶景を前にしたら、
言葉の壁なんて全然関係ない!!
ただ、共有する幸せだけで通じ合えたのが嬉しかった。


レンソイス、来てよかったです。
スポンサーサイト

[2011/12/10 04:50] | ブラジル
トラックバック:(0) |


理恵
そっかぁ!そういう事情だったのね。
ポルトガル語が分からんでも皆と一緒にレンソイス行って感動を共有出来たのなら文句なしやね!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫理恵さん

言葉の壁、超えた!!!
いろいろ情報をありがとうございました。心から感謝です。


賞罰なし
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫賞罰なし さん

ありがとうございます。
そう言われると嬉しいです。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
そっかぁ!そういう事情だったのね。
ポルトガル語が分からんでも皆と一緒にレンソイス行って感動を共有出来たのなら文句なしやね!!
2011/12/10(Sat) 07:10 | URL  | 理恵 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫理恵さん

言葉の壁、超えた!!!
いろいろ情報をありがとうございました。心から感謝です。
2011/12/10(Sat) 08:45 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2013/07/19(Fri) 23:06 | URL  | 賞罰なし #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫賞罰なし さん

ありがとうございます。
そう言われると嬉しいです。
2013/07/20(Sat) 20:28 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。