東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝、8時。



ナウダラの家族に別れを告げ、
ブアが運転手に何度も行先を確認してくれたバスに乗り込んだ。









インドに戻る。










ナウダラからインドへ陸路で向かうには、
私がネパールへ入国したときに通ったバイラワの国境を目指すのが一番近いし、一番メジャーなルート。

でも、私は、出来れば違うルートで行きたかった。


理由はいくつかあるんだけど、

私が向かいたいのは、インド西部のラジャスターン州。
レイクパレスのあるウダイプルで、私のインド周遊の旅は一時中断となっていた。
その続きをしようと思ったら、やはり、それにいちばん近い国境を目指すのがいいな。というのが一つ。

それに、そのルートがメジャーすぎるから。
一度通ったルートだし、わざわざ何度も利用したいと思えるほど素晴らしい国境やルートでもなかった。
インドとネパールをつなぐ国境はいくつもあるんだから、
メジャーじゃないルートで行ってもいいじゃないかと思っていた。

何より、私は、移動も旅のうちだと思っている。
目的地で観光することだけが旅なのではなく、
どのルートを選ぶか、どのような手段で移動するかによっても印象はまるで変ってくる。
そこでの出会いや、目に映る風景、すべてのストーリーが旅の要素だと思っている。


その話をしても、ナウダラの家族にはあまり理解を得られなかったけど、
やっぱり、この瞬間も、私は旅をしてるんだっていうこと。




マヘンドラさんから、
ネパールとインドの国境付近の、ネパールガンジという町で、最近警官が銃で撃たれたという物騒な事件があったから、そこは避けるようにとの情報をもらった。

私が目指す国境、マヘンドラナガルまでの通り道であるようなので、
そこはスルーするバスを選ぶことにした。








ナウダラからのバスは、いつものように山をグネグネと降り、
ポカラを通過した。

そしてそのまま、どんどん山道を走る。


4時間ほど走り、ナラヤンガートという町に着いた。
ここは、交通の要所で、ここから各地へのバスの分岐点となっている。


私もここでバスを降り、マヘンドラナガル行きのバスに乗り換える。


マヘンドラナガル行きのバスの出発までしばらく時間があったので、
しばし腹ごしらえと行きますか。



バス乗り場の向かいには、安食堂が並んでいる。
鉄板で調理されているのが、タースと呼ばれる名物料理。
羊肉の鉄板焼き。

s2014P1147895.jpg

s2014P1147893.jpg



味は・・・


うーーーーん・・・。




私はみかんの方がいいや(笑)。




ネパールの食習慣は、10時ごろにダルバート(ごはんとカレーとカレー)をガッツリ食べ、
昼過ぎに軽くおやついう名のインスタンラーメンを食べ、(←だいたいこれを胃に入れる隙間はなかった)
夜、ダルバートをガッツリ食べたら、
もうそれ以上何も食べられないくらい満腹の生活だったので、
この時間に食堂でダルバート以外のものを食べるのが、とても新鮮。


あぁ、旅人に戻ったんだなぁってしみじみ。

s2014P1147896.jpg





時間になり、マヘンドラナガル行きのバスに乗り込む。

バスはローカル線らしく、
途中、何度も止まり、あふれんばかりの人を積み込んで走っていく。

車内は荷物でいっぱい。
隣の席のおばちゃんは、私の席の足元まで荷物でいっぱいだし、
おばちゃん自体もビッグサイズなので私の席まではみ出してる。

おまけに、通路にも折り重なるように人がすし詰めで、
どっちに動いてもまわりの誰かと接触しそうで微動だに出来ない。


でも、まぁ、私は席があるだけマシなんだろうなぁ。


だって、このバス、


午後発、早朝着の長距離夜行バスなんだもん。

しかも、めっちゃ寒い。





たぶん、もし、インド側を移動するとになってたら

いつもと変わらず、夜行列車の寝台で、ブチブチ文句言いながらもいつものように移動していたと思う。

でも、ネパール側を、バスで移動するっていうのは

やっぱりそれなりにワクワクするものがあるよなぁ。

たかが移動、されど移動。






難なくネパールガンジを通過し、

あたりが薄明るくなった頃、
国境の町・マヘンドラナガルに到着したらしい。




まずは、目の前の宿のようなところで頼み込んで、
限界寸前の膀胱を開放し、

暖かいチャーでほっと一息。



チャーも、これで飲み納め。







さて。

国境越えますか―。





何か国も国境越えをして、
今となっては、もう、国境越えがそれほど大きなイベントではない。

でも、トラブルなく越えられるかな、と、ちょっとだけドキドキする。
あまり情報のない国境だと、余計にそうおもう。
今回も例外じゃない。





今回の国境越えの移動手段は、なんと、


馬車。

s2014P1157917.jpg


馬車なんて初めてじゃない!?


ここから国境までも、インド側の各地へ向かうバスなどが出ている町までも、
それぞれ少し距離があるようで
この国境では乗り合いタクシーならぬ、乗合馬車を利用するのが一般的みたい。

s2014P1157912.jpg


適当に交渉し、
まわりのインド人やネパール人と同じ値段であることを確認して乗り込む。
道もガタガタだし、万が一ってこともあるので、バックパックはチェーンで固定させてもらった。



少しずつ明るくなっていく景色。
国境に向かう一本道の周りは、菜の花畑が広がる。
朝もやの中に浮かぶ菜の花畑が、なんだか特別な世界にいるみたいに見えて、胸に迫るものがあった。

s2014P1157905.jpg

s2014P1157900.jpg




ネパール側のイミグレで出国スタンプをもらい、
また馬車に乗ってインド側のイミグレに向かう。

s2014P1157907.jpg




インドのイミグレでは、何故か降りたのは私だけ。
インド人やネパール人はスタンプ要らないのかな・・・?


相変わらずダラダラ作業しているインド。
イミグレ小屋の前で待っている間に、私の乗ってきた馬車が姿を消してしまった!!


ちょーーーーー!!!!!
私のバックパック返せーーーーーーー!!!!!!!!




と思ったら、角を曲がったところで待っててくれたみたいで、
荷物ともども無事でござった。

みんなも待っててくれてありがとー。

てか、もし、バックパック、ロックしてなかったらやばかったかもなー
そして馬車代も後払いでよかったなー
かといって、いちいちバックパック背負って馬車降りるとか大変。
こういう判断って、難しいよね。




ここでも難なくインド側の入国スタンプゲット。




再び馬車で移動。


インドとネパールを隔てている川を渡ったら、インド側の町・バンバサに到着。

s2014P1157909.jpg



馬車―ありがとー。








さて。

私の移動は終わらない。

まだ、朝の9時前。

バスターミナルで、ラジャスターン州の州都・ジャイプル行きのバスを探す。

が、夕方発しかないと。
しかも到着が明け方。

今から6時間以上も待てないよー


じゃ、デリーは??

デリー行きは30分後らしい。
到着も夕方。

よっしゃ!!!
乗った!!!








まずは、インドの玄関口・デリーから、
人生3回目のインド旅を始めることに。




バックパッカーの中でも悪名高いデリーは、どんな町か、


非常に楽しみすぎます(にやり)!
スポンサーサイト

[2016/01/05 01:58] | ネパール
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。