東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日はストのため、バスは運休。

再開は未定。

明日か、明後日か、一週間後か・・・。






ポカラの町へも行けないし、
こんな日は、何をしようかなー。



だいたい、少し遅めの朝食(といっても、こちらでは当たり前)をとってから、
家から20分ほど離れた場所にある冷泉で、
シャワーと洗濯に講じる。

地元の人に混じりつつも、込み合っていないタイミングを見計らうのって大事!



だいたい、なんだかんだ、これが一日の一大イベント並みに時間がかかるので、
気付くと昼すぎとか、当たり前。


家の仕事や、家畜の世話を朝から晩までしている現地の人たちには申し訳ないけど、
時間に追われる生活を送る日本人の生活から見れば

それでもとっても幸せな気がする。







そんな感じで、昼過ぎ。


ちょっとお散歩しましょ。





先日バグルンに行ったとき、道中の景色が素晴らしかったんだっけ。

行けるところまで歩いてみよう。




歩くのって、確かに疲れるし時間もかかるけど、
景色がゆっくり楽しめるのはいいよね。
気に入ったところで、気が済むまで立ち止まって眺められるし。


旅をしていて、歩くことが全く苦にならなくなった。


というか、歩くのが当たり前の生活になった。



s2014P1117724.jpg

s2014P1117729.jpg

s2014P1117741.jpg

s2014P1117732.jpg






ナウダラの村を抜けて、次の集落へ。

s2014P1117747.jpg



丘の上にお寺かな。

行ってみる。

s2014P1117758.jpg

s2014P1117755.jpg

s2014P1117766.jpg


地元の子供たちが、『素敵な景色でしょ』って笑顔を向けてくれる。

s2014P1117762.jpg


こういうのを見ると、
ホントに、何が幸せで、何が恵まれているっていうのか、
固定観念がぶっ壊される気がするよ。



素直に、この景色を見ながら暮らせて、
不便かもしれないけど、この大自然の中で生きられるのがうらやましいと思うよ。









更に進んでいく。

s2014P1117787.jpg


小さく見えるのがポカラの町と、ペワ湖。

s2014P1117780.jpg



そして棚田。

s2014P1117739.jpg

s2014P1117769.jpg

s2014P1117792.jpg

s2014P1117793.jpg

s2014P1117805.jpg

s2014P1117812.jpg

s2014P1117827.jpg




中国で棚田に魅了されてしまった私(笑)。

今の季節はこんな感じだけど、
中国の元陽で見たときみたいに、水が張った棚田は、どんなふうに見えるんだろう。



すごく見てみたいな。



それは雨季の季節だって。





また来なくちゃなー。



なんてことない、ただの散歩だったけど、
疲れたらバスに乗って帰って来ようってことはできない日だっだけど



でも、



何の目的もなく、ただ歩くのって



楽しいよね。







そんな幸せな時間を持てたことに

ちょっぴり、スト、万歳って思ってしまった(笑)。



単純だけど、


単純に考えるのがいい時っていっぱいあると思う。
スポンサーサイト

[2015/11/08 16:20] | ネパール
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。