東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポカラから、滞在しているナウダラの村までは、

バグルン行きのバスを途中下車しています。




バグルンは、ナウダラよりも更に奥地。

ナウダラですら、かなりの奥地なのに、一体バグルンってどんなところなんだろう。



そんな話をきむくんとしていた。





家族に聞いてみる。

バグルンって、どんなとこ??

みんな、

『知らない。行ったことないもん。』


そか。


『ここから4時間くらいかかるみたいよ』


え~~~

そんなことはないでしょ。
地図で距離を見ても、4時間もかかるとは思えないよ。



というわけで、

きむくんとバグることにした。

あ、バグルンに行くって意味ね(笑)。




モタモタしてたら出発が遅くなってしまい、
バスに乗れたのは11時ごろ。


大丈夫かな・・・



乗ったバスはぐんぐん山道を走っていく。


人もどんどん乗り込んでいって、いつバスが壊れてしまってもおかしくない。

ま、どの国でもそうだったけど。




途中、どっぷり30分近くランチの時間があったり。



一体、いつ着くんだろーね――――



と話しながら、うたたね。







約束通り4時間ほどたったところで、バスから降ろされた。


あっちの車に乗れって言われた車は、



なんと


バグルン行きの客待ち


さっきのは、バグルンいかないのね。。。



そしてこの車は、まだ6人は集まらないと出発しないらしい。

満席になるまで待ってたら、陽が暮れちゃうよ―――




とりあえず、バグルン方面に歩いてみますか。

s2014P1107620.jpg

s2014P1107623.jpg






と、その前に、一服。



チャーと、インスタントラーメン(カレー味)。

ネパールの軽食は、インスタントラーメンが定番です。





そして、チェックポイントに立ってる警官に絡む(笑)。


と、バグルン行きのバスが来たので、もちろん飛び乗る(笑)。





まだまだ山を行きますよ。




でも、ここからすぐで着いた。





ここがバグルンだってー。

s2014P1107631.jpg


町やん。


s2014P1107627.jpg

s2014P1107663.jpg







バグルンは、お寺が有名だって、アマが言ってたけど、
通りすぎたお寺がそうだったのかもしれないと思う。



ちなみに現在、時刻は夕方。


ホント、うだうだやなー。



泊る予定では来ていないし、
ブアが心配しているだろうから、
1時間ほど町中を散策した後、
帰路に着くことにしようと、きむくんと打ち合わせ。




私は、バグルンのすてきな景色を見つけたかったし、
きむくんは、どちらかというと、景色より現地の子供たちと絡みたいそうなので、

別行動。

たった1時間だからね、お互い悔いのないように生きましょう。


s2014P1107633.jpg

s2014P1107639.jpg

s2014P1107646.jpg

s2014P1107650.jpg

s2014P1107652.jpg





一時間後、きむくんと合流し、
再びバスに乗ってナウダラに戻る。



途中で日も暮れるし、
ブア、心配してるかなぁ





4時間かけてナウダラに到着。

ブアやアマや、家族みんなが、温かい笑顔で『おかえり』って言ってくれた。


小さな冒険だったけど、
楽しかったよ。


バグルンは、中核都市・交通の要所としての位置づけだそうだけど、
ナウダラも、ポカラもそうだけど、
日本と比べたら、比べられないくらい田舎だけど、


だからこそ大事なものってあるんじゃないかなと思ったりする。


地図には名前しか情報のない町。
バグルンも、ナウダラもそうだったけど、
そんな瞬間が、やっぱり旅人としての心をわしづかみしてくれる気がする。






あ、そうそう。


遅くなったけど、日帰りして正解だった、最大の理由。


帰ってからブアがこういった。


『明日から、ストで、ポカラ発着の交通機関はストップするよ。再開は未定。』


ま・・・

マジかよ。

バグルンに閉じ込められなくてよかったね。
帰ってきてよかったー
スポンサーサイト

[2015/11/08 15:46] | ネパール
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。