東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※この話は、2014年の年末のお話です。







ネパールの首都・カトマンズに来たはいいけど、
体調崩しかけたのをきっかけにそのまま、ずるずるとダラダラしてました。



私が泊まっているのは、タメル地区という安宿街。

バンコクのカオサン通りみたいに、安宿街には、レストランも、土産物屋も、旅行会社も何でもそろってます。
だから、特にやることも見るところも少ない(と言われている)カトマンズでは、
タメル地区をふらふらするだけでいいのです。


インドもそうですが、欧米人のヒッピーみたいなのがすごく多い。
彼らにインドやネパールに来た理由や魅力を聞いてみると、





安いから。




と超ド直球な答えが返ってくる。



それだけが魅力じゃないだろうに。

ネパールはトレッキング目的の人も多いと思うけど。




あと、ネパールは、中国人がめっちゃ多いです。

土産物屋の看板は中国語とか、ザラですもん。

中国の海外旅行ブームも手伝って、
更に、中国人は、私たち外国人とは違って、チベット自治区を自由に旅行できるので、そのまま国境超えるケースも多いです。






で、ある日、町(というかすでに町内)をぶらぶら歩いてたら、

やたらと欧米人が

『メリークリスマス☆』

って微笑みながら言ってるんです、店員に。


店員って、現地人=ネパール人ですよ。


ネパールってヒンドゥ教徒が多い。
さらに、ネパールは太陰暦だから、今、2070年くらいの9月とか、それくらい。



店員さん、ポカーン。






ここでも『文化の違い』ってのを感じました。





ちなみに、

日本は仏教が多いですが、クリスマスのお祝いはします。
でも、きよしこの夜歌って、
ケーキ食べて、
サンタさんからプレゼントもらうのが、日本のクリスマスです

って言う話を欧米人にすると、とっても変な顔されます。


海外に出てから、『日本ってそういうとこ変だな』って改めて思ったことの一つですが、
『多文化リスペクト→日本化』は日本のいいところだなと思うようになりました。
その割にはまだ理解に偏りがあるなと思うところはあるけれど、
社会・政治問題に話がずれてしまいそうなので、戻します。




そうなんです、この日は『クリスマスイブ』ってやつだったんです。






忘れてた。







せっかく思い出せたことだし、
ひとりでクリスマスパーティーすることにしました。

ひとりでね(泣)。






まず、カトマンズ一の見どころである、ディズニーランド!!!








な、わけないし。





世界遺産のダルバート広場へ。




s2014PC247066.jpg

s2014PC247068.jpg

s2014PC247072.jpg

s2014PC247064.jpg




古風やなぁ。

s2014PC247078.jpg



ネパールの生き神・クマリ様がいるお屋敷らしい。

s2014PC247062.jpg




鳩の数がすごい。


s2014PC247074.jpg







で、カフェ入りました。



カフェとか、いつぶり?

ケーキではなく、ホットココアで、メリクリです。

s2014PC247087.jpg


何かオシャレな気分♪

s2014PC247088.jpg



はっきり言って、クリスマスじゃなくてもできることですけど、
たまには理由つけてこういうことするのも大事よね。





って、去年のクリスマスは、アンコールワットで中国人観光客にまみれてましたし、
一昨年は、エジプトからスーダンへの奴隷船の中で、仲間とチキンやらケーキやら食べたな(笑)
その前は、ブラジルでカメラぶっ壊れて走り回ってたんだっけ。


旅出て初めてゆっくりしたクリスマスですよ。



まぁ、もともと、クリスマスだからパーティーしなきゃ☆とは全く思わないんですが(←さっきと言ってること違う)。






でも、日本風クリスマスを独りでささやかにできたのは、それはそれで楽しい。


夜、和食を食べ(ネパールの見どころの一つはクオリティの高い和食にあるらしい)

s2014PC267090.jpg





その後、調子に乗ってビール買って飲んでたんですが、





翌日、調子悪かったです。



ここ一年くらい、お酒がめっきり減ったので、
弱くなったみたいです。



もともと強くなかったですが。



でも、日本の梅酒が飲みたくなりました。














このダルバート広場を訪れたおよそ5ヶ月後、

ネパールを襲った大地震。


テレビに映った変わり果てたダルバート広場やカトマンズ・ネパールの様子に心を痛めました。

出会った人たちをはじめとする人々の安否を心配するとともに、

一日も早い復興を願っています。
スポンサーサイト

[2015/07/28 01:55] | ネパール
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。