東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グジャラート州から、ラジャスターン州に入ったばかりなのですが、

ラジャスターン州一都市目のウダイプルで、

ラジャスターン州の旅を一時中断します!!



いやー、いろいろあって、東に行きます。





実は、もともと、この段階で向かう予定はなかったんだけど、
『いつ行くの?今でしょう!』
というお決まりの状況になり、向かうことに決めました。



向かう先は、また追々話すとして・・・。





有名な町なので直通の列車があることを期待していたんだけど、
どうやら満席のようで、

刻むことにいたしました。

インドの地図買っておいてよかった―




そして、ウダイプルから目的地に行く途中で乗り換えるのが、

グワリオル

という町。



うーん、聞いたことないね。
でも、そこそこ大きな街みたいよ。



ちょうど乗り換えの間、数時間の待ち時間があったので、
荷物を預けて、町の城塞に行ってみることにした。



鉄道駅からは少し離れた旧市街の中に建つ城塞。

丘の上にあるらしく、なんか迫力あるね。

s2014PC156604.jpg



そう、もう、この時点で夕暮れなんです。
こんな時間に観光なんて・・・とも思うけど、暗くなるまで時間はちょっとあるからっ!!


丘の上にある城塞は、土色と青のコントラストが素晴らしかった。
まるで、ウズベキスタンのヒヴァの旧市街みたい。

s2014PC156629.jpg

s2014PC156621.jpg

s2014PC156630.jpg

s2014PC156634.jpg



この、グワリオルの城塞、全長2kmあるんだって。
町やん(笑)。

s2014PC156660.jpg




さすがに全部回ることはできなかったけど、ここからの眺めが素晴らしかった。


s2014PC156637.jpg

s2014PC156615.jpg



陽が暮れ、紫色になって行く空の下、オレンジ色の街の明かりがポツポツと浮かんでいく情景は、
この旅でも忘れがたい景色の一つになった。

s2014PC156663.jpg

s2014PC156683.jpg

s2014PC156690.jpg

時間が穏やかに流れていく。

灯りの数だけ人々のストーリーがあるんだなぁって。







おっと。


もう真っ暗じゃん。

知らない町で女子一人。

さっさと戻ろ。



さすがに怖いので、丘を降りていく家族連れとつかず離れずの距離で下山しました。
そしてバスを乗り継いで駅まで戻りました。

ふぅ。








さて。この後、一晩かけて向かう先は、

私にとっての聖地。

私の原点を探る旅です。



心は静かだ。
スポンサーサイト

[2015/06/25 22:02] | インド
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。