東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウラタバードから下山し、乗り合いジープに乗って

世界遺産・エローラ遺跡群

へ向かいます。


s2014PB284785.jpg

結構きゅうぎゅうだよ。



乗り合いジープ、バスに比べて、やけに運賃が高い気がしたけど、
インド人も同じだけ払っているし、そういうもんなのかな。





エローラ遺跡は、仏教・ヒンドゥ教・ジャイナ教のエリアにそれぞれ分かれ、
作られた年代も違うので、その歴史の流れを見るように並んでいる。

s2014PB284790.jpg

s2014PB284792.jpg



各石窟前には、石窟番号が案内されているからありがたい。




まずは仏教屈群から。

s2014PB284825.jpg

s2014PB284801.jpg





今でこそインドでの仏教は衰えてしまっているけど、
これを見る限り、当時の仏教の力の大きさを感じずにはいられない。

s2014PB284839.jpg

s2014PB284834.jpg


順に見学していたら、

こんな人と遭遇。

s2014PB284827.jpg


『俺たちはサイババだ。写真撮ってくれ』



ミーハーだね、サイババ(笑)。


サイババと言えば数年前に逝去したアフロサイババが有名だけど、
その先代であるおじいちゃんサイババのアシュラムが、ここ、アウランガバードの近くにあるらしい。
近くって言っても数時間離れた場所みたいだけどね。

s2014PC025554.jpg

彼らはその弟子らしくて、
弟子がサイババ名乗っていいのかなって不思議に思ったけど、
まぁ、本人らがそういうなら難しく考えなくてもいいや。







さて。次のエリアは、ヒンドゥ教屈群。

s2014PB284847.jpg





が、






これ。







手彫りだって。


s2014PB284858.jpg




巨大な寺院一個手彫りって。

ケタが違う、ケタが(笑)


手彫りの仏像のお土産とかじゃないから(笑)






100年かけて掘り続けたこのクソ山の中の大石窟寺院。

想像するだけで気が遠くなりそう。


よくこんなの作ったよね。

s2014PB284878.jpg

s2014PB284865.jpg

s2014PB284873.jpg




ブロックを組み合わせて、とかじゃなくて、

すべて、ひとつの大きな岩を、ノミ一本で彫り上げたというんだから、

人間の底力って恐ろしい。

s2014PB284889.jpg

s2014PB284934.jpg

s2014PB284897.jpg


てか、インド人、やればできるんだから、底力出せよ!!


と、上から語ってみます(笑)。

s2014PB284943.jpg

s2014PB284950.jpg

s2014PB284956.jpg

s2014PB284957.jpg




その後もつづくヒンドゥ教屈群。

s2014PB284891.jpg

s2014PB284904.jpg

s2014PB284901.jpg

s2014PB284908.jpg





やっぱり仏教のそれとは、ぢがうね。








ジャイナ教屈群は、少し離れたところにあるそうなんですが、


この時点で日没を迎えました。

s2014PB284941.jpg


忘れちゃいかんのは、ここが山奥ってこと。
良い子は陽が暮れる前に帰るんですよー

最近は物騒な世の中ですしね。

自分の身は自分でしか守れませんから。



てか、そもそも、このエローラ遺跡群は、日没になると閉館ですからね。


s2014PB284972.jpg




帰りはバスを拾って、満員電車のごとく押し寿司になりながら町に戻りました。


いやーーー

エローラ遺跡、

もう少しゆっくりじっくり見たかったってのは正直なところだけど

かなり見ごたえがあった。






アウランガバード近郊には、もう一つ、

アジャンター遺跡という世界遺産の石窟群があるのですが、



エローラで満足してしまったので、パスします。









今宵の移動は、寝台バス。



山道で、横になったまま1mくらい空中浮遊を繰り返しながら向かったところは、


このインド旅の中でも上位に入る景色の一つが望める場所でした。
スポンサーサイト

[2015/04/10 22:21] | インド
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/06(Sat) 03:00 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。