東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ぷち)バックウオーターの終えた後は、ゴアという町に向かおうと思い、
アレッピーにいる時に鉄道駅にチケットを買いに行った。



希望は明後日の夜行。



いつも通り、備え付けの申請用紙に必要事項を書いて窓口のおばさんに渡す。


『列車番号/列車名』は分からないけど、空欄にしておくと調べてくれて候補をあげてくれる。




調べてくれたけど、どうやらその日の列車は満席のようだ



おばさんは何やら英語で言ってきたけど、
ガラス越しでよく聞き取れないし、聞きなれない単語が混ざっているし、何より訛りがひどくて聞き取れない。


何度か確認して、
とにかく明日の朝早く、遅くとも10時までにはもう一度来い、席があるかも知れない
みたいなことを言われた。



2日前で満席なのに、何で明日になったら空席が発生するかもしれないんだろう??



と不思議に思いながら、
翌朝9時前、再びチケットオフィスに向かった。



そこには、いつもは横入りしまくってカオス状態になっているようなインドのチケット窓口に、
インド人たちがおとなしく列を作って並んでいる。
しかも、自分の名前を順番の紙に書いて並んでいるのだ。


インド人、頭大丈夫か??



なんだかよくわからないけど、私も一応名前を書いてみる。
なんかの順番みたいだから、損はないだろう。




並んでいたおじさんに、何事なのか聞いてみた。

『タトカルだよ、タトカル。』



たとかる・・・?


何だそれ??




話をまとめると、つまり、

前日購入枠』らしい。



私たち外国人の鉄道の指定席の予約方法にはいくつかある。

・通常の窓口での一般枠
・外国人窓口でのツーリスト枠
・ウエブ予約でのeチケット
・前日の窓口でのタトカル
・旅行会社を通しての購入


外国人窓口は、駅によっては設けていないところも多いし、
特に人気路線では通常の窓口でも数日前に売り切れてしまうこともよくある。
逆に言えば、直前でも席さえ空いていれば乗れるというわけ。


インド初日に数時間後発のチェンナイからカルカッタのチケットを押さえることができたけど、
今思えば、かなりラッキーだった。
後にも先にも数時間後の夜行のチケットが、しかも希望する座席のシートが抑えられるということはなかった。



タトカルは、通常料金よりも3割くらい(距離によって違う)値段は加算されるが、
インド人・外国人問わず、急に移動しなければならないことが決まった人もいるだろうし、
とてもありがたいシステムだ。


タトカルは10年前にはなかったシステム。


きのう、窓口で言ってたのはこういうことだったんだな。






ちなみに、ウェイティングリストというのもあって、
いわゆる『キャンセル待ち』ってやつ。

インドではみんな結構すぐキャンセルするらしいので、
番号が早ければ早いほど席をあてがわれる可能性が高い。

その席というのも、直前にならないと分からないことが多くて、
それはそれで結構スリリング。




RACは、準ウェイティングリストってやつなのかな。
スリーパークラスなら、窓際(通路に平行)の下段席が通常の一人分の寝台と同じ広さのシートをふたりで使用することになる。
一応その席はあるけど、
もしキャンセルなどで順位が上がれば普通のシートがあてがわれるかもしれない。


一度、ホントに窓側下段席になっていたことがあって、
相席の人は当然知らない人、しかも男性。

オッサンと一緒に寝るなんて絶対嫌だ!!
と思った私は、座って起きてましたよ。
まぁ、オッサンは短時間しか乗っていなかったみたいだから、後はありがたく一人で横にならせていただきました。





で、当日券だけで乗れる自由席の2等席もあるんだけど、

夜行の長距離は特に、

カオス

になってるみたいです。
たぶん、中国の長距離夜行の硬座・無座とは比にならないくらいカオスなんじゃないかと思うんだけど、

乗ったことないのでわかんないです。

乗りたいとも思わないし。


中国の硬座は全席指定だったし、無座の人数も車両ごとに制限があったからね。
インドの二等は、そういうの全然ないから。
網棚に荷物に混じって人が乗っていたりするよ。





長距離夜行の時は、私はいつも、基本、スリーパークラス(列車)
取れなかったら日にちをずらすか、バス(できれば寝台バス)を選んでます。

最近、やっぱり夜行移動でも夜くらいは横になりたいと思うようになりまして。
ただでさえ荷物管理で気を張っているインド、
『ガイジン、ガイジン』って絡まれるインド、
体くらいは横になって休みたいです。
もうね、そこは頑張るところじゃないかなって思う。

宿一泊分とそんなに変わらないんだし。



そう言えは、インド入ってから、ドミも避けてますね、極力。
そこも頑張るところじゃないかな、と。






かなり話が外れたけど、

タトカルという便利なシステムができたことで旅しやすくなった気がします。
選択肢が増えたって感じ。




インドも変わったなと思うことの一つです。
スポンサーサイト

[2015/02/23 01:48] | インド
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。