東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまた北上します。

s2014P9281065.jpg



プッタラムから北へ5時間。
マンナールという町。




マンナールは、マンナール島と本島の境目に位置する。




また到着は夕方になったけど、バスターミナルにいたその辺の人に『ゲストハウス、ゲストハウス』って言ったら、
「あっち。」って指差されました。
ホントかなーと思いながらそっちの方へ行くと、
ゲストハウスの看板あり。

スリランカ人、嘘つかない!というか、知ったかぶりしない!!親切!!!!



もう、スリランカでスリランカ人とケンカするとかないもん。




小さな町なら、とくに北部は外国人が来ることもそれほど多いわけではないらしく、
すぐに顔を覚られて、すぐに仲良くなっちゃう。



翌日、マンナールの町をぶらぶら歩いてみた。



向こうは本島だ。

s2014P9291081.jpg


思えば、今までの旅、内陸をめくることが多かったから、こんなに毎日海を見たり潮風に当たるってことは少なかったなぁ。

顔が塩でジャリシャリになるとか、久しぶり。

s2014P9291095.jpg




そんな海のそばにある要塞跡。

殆ど崩れているのは、先の内戦の影響らしい。

s2014P9291087.jpg

s2014P9291089.jpg

s2014P9291092.jpg

s2014P9291093.jpg


見ていたら、地元の人っぽい男が勝手に案内を始めてきて、
建物の跡の中も見るように促されたけど、それこそ危ないなぁと感じたのですぐに要塞を後にした。
チップを要求されたけど、「いや、ガイドとか頼んでないし。」っていって逃げてきました。







町の人に、

「どこ行くの?バオバブの木は見た?」

って、何人もの人に声をかけられる。


バオバブの木?有名なの??


というわけで行ってみる。




歩くこと20分。


s2014P9291113.jpg



あ。


これか。


s2014P9291114.jpg


なんでも、スリランカ一大きなバオバブらしいけど、

あまりインパクトを感じず、終了。



でも、町の誇りらしく、大切にされているのはよくわかったよ。

s2014P9291122.jpg







もう少し歩くと、大きな教会があった。

s2014P9291123.jpg

s2014P9291129.jpg



この町は、キリスト教徒・イスラム教徒もよく見かける。

町も迷路みたいになっているし。

s2014P9291077.jpg

s2014P9291076.jpg




海は波がないので鏡張り。

s2014P9291133.jpg

s2014P9291149.jpg







夕方、マンナール島の西の端までバスで出かけた。
何度も言うけど、『はしっこ』にロマンを感じてしまうんですよね。



ここにも教会があり、その向こうには浜辺がある。

s2014P9291157.jpg

s2014P9291166.jpg


地元の漁師たちは、今から漁に出かけるみたい。

s2014P9291160.jpg

s2014P9291173.jpg



この近くにはフェリー乗り場があって、
隣の大国・インドへの定期航路がある。


が、今は欠航中。

もう数年になるみたい。






いつか再会されるといいな。





で、この向こうはインドだということを感じたくてここに来たんだけど、
ここがインドにいちばん近い場所という証明がこれ。

s2014P9291170.jpg

  ↓↓↓↓拡大↓↓↓↓

s2014P9291170-1.jpg



遠くに灯台が見える。

これはインド側の灯台。

この向こうは、ラーメシュワラムというインドの町なんだよって、地元の少年が教えてくれた。



こういうの見ると、すごくドキドキする。






太陽が沈むのを待つ。

s2014P9291194.jpg

s2014P9291211.jpg

s2014P9291237.jpg

s2014P9291265.jpg



真っ赤に燃えた太陽が美しい。


沐浴する青年の姿、

s2014P9291248.jpg


太陽を見つめる人たち、

s2014P9291268.jpg


すべてが美しいと感じる瞬間だった。

s2014P9291289.jpg

s2014P9291288.jpg






日も暮れたので帰るとするか。





バス停に戻ると、バスは一時間後にしか来ないし、それが最終だよと言われる。

ちゃんとバスで帰れるんならいいや。




たくさんの人が好奇心いっぱいに話しかけてきて、
あっという間に時間が過ぎて行った。

s2014P9291298.jpg

s2014P9291303.jpg



ようやくバスが来ると、みんな手を振ってくれたし、
一人の英語がすごく堪能なお兄さんが、バスの車掌さんに
「この子、マンナールマテ行くから頼むよ」
って何度も伝えてくれたみたい。







インドへの定期航路がない今、どれほどのツーリストがここを訪れているのだろうか。

確かに、ここは、インドへの航路がない限り足を運ぶメリットは少ないかもしれない。

けれど、私はここにきて、
初めて『スリランカ人の優しさ』にふれた気がする。



スリランカでは、もちろん親切にしてもらったりしたことはたくさんあったけど、
出会ってすぐ、ここまでたくさん話したり、笑い合ったことはなかったかもしれない。





もっとスリランカを知りたいと思った。
スポンサーサイト

[2014/11/26 02:06] | スリランカ
トラックバック:(0) |

承認待ちコメント
-


Re: タイトルなし
えみりあ
≫まりちゃん

返信が遅くなりすみません。
あけましておめでとう。
いつも読んでくれてありがとう。
全然更新せず、心配かけてすみません。元気でやってます。
ブログは3ヶ月半も遅れてしまっていますが、今はネパールにいます。
ゆっくりですが、頑張って更新していきます。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/12/30(Tue) 00:04 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
≫まりちゃん

返信が遅くなりすみません。
あけましておめでとう。
いつも読んでくれてありがとう。
全然更新せず、心配かけてすみません。元気でやってます。
ブログは3ヶ月半も遅れてしまっていますが、今はネパールにいます。
ゆっくりですが、頑張って更新していきます。
2015/01/07(Wed) 23:47 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。