東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首都コロンボを出て、バスで北上。

L字に出っ張った半島の先・カルパティヤという町を目指します。

なんかこういう出っ張りって、つい気になっちゃうんだよねー





コロンボを出て3時間半。

プッタラムという町で下車。
ここがカルパティヤ行きの分岐になっている。



分岐でちょうどバスをつかまえられたので、乗り込んだ5分後に出発してくれた。

ぐっどたいみんぐー!!


ま、満席で立ちっぱなしだったけど。






このプッタラムという町は、塩の精製が盛んで、周囲にいくつもの塩田があるらしい。



窓の外を見てたら



s2014P9281052.jpg



おお!!ほんとや。







一時間半ほどでカルパティヤに到着。



もうすでに夕暮れ。



見つけた宿は、なにげにちょっと高そうな雰囲気で、ちょっとビビってたんだけど、
満室でここしか空いていないという、ダブルベッドが二つ並んだ巨大な部屋を、許容線の1500Rs(1200円)にしてくれた。

s2014P9281009.jpg




せっかくなので夕食も宿で頼んだら、


s2014P9270974.jpg


鼻血出そう!激ウマ!!!


これがスリランカのご飯なのねー

スリランカは、ちょっと高いけど、家庭で作られたカレーがサイコーにおいしいとは聞いていたので、さっそくありつけてラッキー!!


インドカレーとはまた少し違って、ココナッツミルクが使われていてマイルド。
そして、ミャンマーのペジカレーみたいに、カレーというよりお惣菜みたいな感じで野菜が食べれるものもあってうれしい。
カレーの味しかしないっていうかんじでもないしね。






夕日を見ようと外に出てみると、


s2014P9270964.jpg


夕日、遠すぎっ





地図で確認してみたところ、

このカルパティヤという町、


半島と本島との間の湾に面した町だった。
しかもここ、半島の先っぽじゃなくて真ん中辺だし。



朝日も夕日もあまりうまい具合には見えないパターンですね。



というわけで、ならば早起きして朝日を見るという気にもなりませんでした。

朝寝坊決定☆







翌朝、少し町を散歩。
町というより、村じゃないかというくらいこじんまりしたところ。

s2014P9280976.jpg

s2014P9280978.jpg


あれ?ここインドだっけ??

s2014P9270968.jpg


5分くらい歩いたら、もう海に出てしまった。


s2014P9280980.jpg

s2014P9280984.jpg


今朝釣れた魚らしい。

s2014P9280986.jpg


巻貝は海の音が聞こえるっていうのは、ここでも同じ。

s2014P9280993.jpg



魚は干して保存食に。あー。なじみのある匂いだ。

s2014P9280995.jpg


そのすぐそばには、漁港。

s2014P9280999.jpg


ここの人たちはとてもフレンドリーで笑顔がステキだった。

s2014P9281006.jpg






今日のうちに次の町に移動したかったので、そろそろ出発。

本当は半島の先っぽまで行きたかったけど、今回はそれも叶わず。

ま、次の町で埋め合わせしましょ。


s2014P9281016.jpg







同じルートでプッタラムまで戻ってきたけど、改めてこの道中の景色は素晴らしかった。


s2014P9281012.jpg

s2014P9281022.jpg

s2014P9281043.jpg

s2014P9281035.jpg

s2014P9281025.jpg

s2014P9281051.jpg

s2014P9281048.jpg


海こそあまり見えないけど、

のどかで、少しワイルドな景色が続く。




そして塩もね。

s2014P9281044.jpg




まだ、スリランカ編始まったバカラなのに、このクオリティーの高さ。

スリランカ、本気でやばい国かも知れない。。。
スポンサーサイト

[2014/11/26 01:39] | スリランカ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。