東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、コロンビアの首都、ボゴタにいます。
もう一回くらいベネズエラ戻るかなぁと思っていたけど、
たぶん、飛行機乗換程度しかよらないと思う。
というか、自分の中でそう決めました。


そんなわけで、
出国後のおなじみ『ありがとう』シリーズ、ベネズエラ。


入国前、あんなにビビりまくっていたベネズエラ。
怖い・恐ろしい・殺される
そんなイメージしかなかったベネズエラ。
でも、その向こうにある、どうしても行きたかった場所に行きたかった。

もちろん、警戒したり、安全策を取るのは絶対に正しいことだけど、
そこにウエイトを置きすぎて、
ありのままの『ベネズエラ』を知ろうとしていなかった自分がいたことも事実。
けれど、やっぱり、
『旅』の安全について改めて考えさせられて、気が引き締まったのも
とても重要なことだった。



自分の中で、『ギアナ高地』に行く・『エンジェルフォール』『ロライマ』に行くことは
もっともこの旅でやりたかったことではあったけど、
それができたことは、本当に自信になった。


ギアナ高地は、予想以上に素晴らしい景色と、仲間に巡り合え、再会できたし
それが私のベネズエラ旅行そのものと言っても過言ではなかった。

長距離バスも、冷凍バスって聞いていたけど、
しっかり装備していたせいか、
それほど寒さを感じなかったし、
計6本乗ったけど、検問も一度もなかった。
図太く寝てたってのもあるけど、
たまたまだとも思う。
一度くらい荷物全開の検問を経験しておかなきゃと思っていたのに、
ちょっと拍子抜け(笑)。


ベネズエラの人もみんな親切で優しかった。
ベネズエラ到着してすぐに向かったシウダーボリバルの町。
タクシーのおっちゃんに、辞書片手に片言のスペイン語で
「カラカスは危険な街なんでしょ?シウダーボリバルも危険なの?」と聞いたら、
笑顔で「大丈夫だよ」と言いながら頭を撫でてくれた。
ちょっと安心したな。

バスの隣の席のおじいちゃんが、
私のバスの降りる場所を教えてくれて、安全に降りるまでずっと見守ってくれていた。

道に迷った時に、わざわざ車を出して送ってくれたおっちゃんやお姉さん。

パン屋さんで「持って帰りたいんだけど」って伝えたいのに
言葉がわからないからとにかくジェスチャーしてたら、
後ろに並んでいた若いお姉さんが
「持って帰りたいって言ってるんじゃないの?」と助け船を出してくれたり。

言葉が通じなくて困っていた時に、
自ら英語通訳をかって出てくれたお兄さん。

ベネズエラ、いい人ばっかやん。
怖いことないやん。


嫌だったこと?
うーん・・・
物価高いことかな。

事前のマイナスイメージが強すぎて、
今振り返ると、いいことしか出てこないんだもん。

もちろん、危険な場所はたくさんあるだろうけど、
それがベネズエラという国のすべてではないことを
ベネズエラをたった半月、それも大半がツアー参加していた私ですが、
この場で伝えたい。



私、ベネズエラ来てよかった。
ベネズエラ、好きになりました。




明日は、ボゴタの町を散策したいと思います。
スポンサーサイト

[2011/11/06 11:28] | ベネズエラ
トラックバック:(0) |


とる
ベネズエラが好きだなんて・・勇敢すぎる!

Re: タイトルなし
えみりあ
≫とるくん

たぶんね、
嫌な思いとか、面倒なことに一度も遭遇していないからだと思うよ。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ベネズエラが好きだなんて・・勇敢すぎる!
2011/11/06(Sun) 11:48 | URL  | とる #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫とるくん

たぶんね、
嫌な思いとか、面倒なことに一度も遭遇していないからだと思うよ。
2011/11/06(Sun) 13:37 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。