東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東チベットを一緒に回ってきたカオリさん、
成都の宿で出会い、ラルンガルで再会して合流したユカさんと別れ、
ひとり、次の町を目指す。




次は理塘という町だ。





シェアタクシーで山道をぐんぐん走る。


ここも景色が素晴らしい。

s2014P8310883.jpg

s2014P8310894.jpg

s2014P8310925.jpg






しかし、途中で車が止まった。


s2014P8310940.jpg




渋滞かな?

こんなところで??






そう思っていたら、

運転手に、荷物を持って降りろと言われた。






何で??





他の乗客も、皆、荷物を持って降り、歩いて先に向かっている。



え?
ここから歩いて理塘まで行けっていうの?
まだ半分くらいしか走ってないのに?



状況を呑み込めないまま、とりあえずついて行くと、





崖崩れだった。

s2014P8310946.jpg



こりゃ、車も通れんわ。


しかも、瓦礫が崩れてきている。

当たったら死ぬな・・・。

s2014P8310952.jpg




しかも、反対側は、川だ。








他の乗客は、荷物があるといってもそれほどではないけど、
私は背中にも、前にも、大きなバッグを背負って、おまけにお菓子の入った袋も抱えている(笑)。




タイミングを見て、越える。




みんなみたいにサクサクいけないし、いつ崩れてくるかわからないからホントに怖い。





でも、大丈夫。

私たちの乗っていた車には、お坊さんも一緒だったから!


s2014P8310959.jpg


なんか頼りないけど。

信じるに限る!!








なんとか渡りきったけど、

同じシェアタクシーのおっちゃんが撮っていた動画を見てみたら、

私、ペンギンみたいだった・・・。





こんな場所は、実は少なくないみたいだ。

s2014P8310957.jpg



で、同じように、反対方面から来た、同じ状況のシェアタクシーと、
乗客だけ乗り替わって、

つまり、私たちは、理唐からガンゼに向かうはずだったシェアタクシーに乗り移って理塘に向かった。







再び、いい景色が続く。

s2014P8310965.jpg

s2014P8310970.jpg

s2014P8310974.jpg

s2014P8311018.jpg

s2014P8311025.jpg






そんな感じで、理塘に着いた。













理塘には、町のはずれに理塘寺がある。

s2014P9021104.jpg

s2014P9021175.jpg




宿で出会った成都在住のお兄さんと一緒に行ってみた。



ちょうど、お坊さんによるツアーをしてて、
それに混ぜてもらうことができた。

しかも無料。

s2014P9021154.jpg


まぁ、説明は中国語だから、全然わからなかったけど。





理塘寺に入ると、お坊さんたちがお経を唱えている最中だった。

s2014P9021111.jpg

でも、集中していない人多し(笑)。

まぁ、邪魔してるのうちらやし、すみません。





お寺には大仏がいて、

これが奈良の大仏みたい!!

s2014P9021110.jpg

s2014P9021120.jpg




装飾や、仏さんの顔つきは、チベット仏教バージョンだったけど。

s2014P9021138.jpg




お。
ダライラマ?

s2014P9021136.jpg

そういえば、ここ、理塘には、ダライラマ7世の生家がある。





いろいろな部屋を見せてもらった。



修復作業しているところとか、

s2014P9021147.jpg

s2014P9021143.jpg




一般公開していない仏像の部屋とか。

s2014P9021141.jpg

s2014P9021139.jpg


仏教のお寺って、比較的地味というか、際立って見入る彫刻とかがあるわけではなかったので忘れていたけど、

モスクにしても、
教会にしても、

宗教施設って、

美術館の要素もすごく持っていたよな。

権力とか、富の堅持としても存在していたと思う。

ふと、そんなことを思い出させられるようなお寺だった。
仏教寺院も、地味ではあるけど、そういう要素があってもおかしくないよな。







お寺の周りも、新市街と雰囲気が違い、なかなかすてきだ。

s2014P9021097.jpg

s2014P9021100.jpg

s2014P9021160.jpg

s2014P9021182.jpg

s2014P9021158.jpg








お寺を後にした私たちは、お昼ご飯を食べに行ったんだけど、

そこで頼んだのが、これ。

s2014P9021187.jpg





ヤクのお肉。

s2014P9021189.jpg




ヤクってこれね。

s2014P8234203.jpg



四川省だけあって、まぁ、見るからに、
とにかく唐辛子と山椒で舌がしびれるくらいからかったけど、

普段食べらないものを食べられるのは、

やっぱ一人じゃ無理だよなぁと改めて思った。



まぁ、安くはなかったけど、

結構イケた☆


あ、味は、



硬い牛肉っぽかったです。
スポンサーサイト

[2014/09/30 03:47] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。