東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ、東チベットのハイライトラルンガルゴンパ






ラルンガルゴンパは、東チベットを旅する人は、知らない人はほぼいないんじゃないかというくらい、

かなり有名だ。








何が有名って、





景色。






でも、実は、

ここに来るまでに、色んなブログや写真をたくさん見てきて、
それを実際に目にした瞬間は、
それほど感動しなかった。


写真と一緒だなって。





でも、ここは、

実際に歩いて、目にして、それに触れてみて、そして陽の光の加減で景色が変わっていくたびに、




感動が増していった。





最終的には、めっちゃ感動した。











マッチ箱みたいな真っ赤な家は、ここに住む僧尼の家。

s2014P8264678.jpg




中心にある赤い大きな建物は、彼らが学び修行している学校。

s2014P8270125.jpg




彼らは赤い衣をまとい、

s2014P8270081.jpg





そんな家々が、山にへばりつくように建っている様は、

s2014P8270158.jpg





言葉を失う。

s2014P8270176.jpg

s2014P8264586.jpg








ここには3日ほど滞在し、毎日歩き回った。





色んな角度からこの町を見たくて、周りの丘を歩き回ったり、

s2014P8264712.jpg

s2014P8264792.jpg





お寺にお邪魔してみたり、

s2014P8280369.jpg

s2014P8280361.jpg





もちろん、このまわりの景色も、壮大だ。

s2014P8280398.jpg

s2014P8280392.jpg

s2014P8280527.jpg





そして、聡明だ。

s2014P8280284.jpg

s2014P8280293.jpg

s2014P8280586.jpg






タルチョは、風にはためくというより、

舞っているようにしか見えない。

s2014P8280449.jpg

s2014P8280471.jpg

s2014P8280546.jpg









ここに住む僧尼はとてもフレンドリーだ。

笑顔で話しかけてくれたり、飽きもせず、彼の家の前から一緒に景色を眺めたりもした。

s2014P8270036.jpg




素晴らしかった。




s2014P8270009.jpg






でも、彼らは、決して神ではなく、人なんだなということを想わせられる瞬間もあった。



町の上部のあぜ道を歩いていると、
時々、

『色達の町まで行きたいんだ。お金を分けてほしい』

と突然言われたり、
すれ違いざまに、物乞いのようなそぶりを見せる僧にも会った。



僧尼の中のも裕福な僧、そうでない僧、いろいろいるだろうし、
お邪魔している立場なのは私の方だし、
『お布施』ととらえるのがいいのかもしれないけど、



なんだか、着ている服の色とか、頭を丸めているかどうかとか、信心深いとか、そういうことは全部忘れて、



『人間なんだな』



って思った。




s2014P8264796.jpg

s2014P8280438.jpg





ラルンガルゴンパを聖地視しているのは、バックパッカーの方かもしれない。

そりゃ、この景色見たら、そう感じるのも無理はない。

でも、ラルンガルゴンパは、聖地うんぬん以前に、僧尼たちの学校であり修行の地であるということ。
みんな、修行の途中なんだ。


s2014P8270117.jpg





それでも、祈る姿というのは美しいし、

s2014P8270187.jpg



祈るだけでは解決しないこともたくさんある。

s2014P8270188.jpg








チベット問題って聞くとやっぱり怖いイメージが強いし、実際穏やかなものではないと思う。
じゃあ、チベット人は怖いのかと言えば、決してそうではない。
東チベットは危険なのかと言えば、そうではない。





日本とは違う形の仏教だけど、
お寺にはいつも『ブッダ』が祭られていたし、
形がどうあれ、『お経』を唱えるのはおなじだ。
出会った僧尼たちは優しい笑顔を向けてくれる人も多かった。





でも、私は、チベット問題について、何も知らなかったし、今でも知らないなと感じた。

s2014P8280355.jpg

s2014P8280389.jpg




それでも、私は、この景色を見て、彼らに出会って、それを感じただけでも




s2014P8280410.jpg


ここに来た意味があったなと思う。
スポンサーサイト

[2014/09/29 03:46] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。