東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茘波の見どころ・小七孔の近くには、
大七孔といういかにもおそろいでつけた名前の景区がある。



大七孔 というくらいだから、小七孔よりもダイナミックな景色がれるのかしら??


と期待していたのですが、


勘違いでした。




小七孔の由来となっているのは、この橋。

s2014P8093223.jpg

穴が七つ。


で、大七孔は、これの大きいバージョンらしいのですが、

景区のはずれにあり、うっかり見るのを忘れました。




安易なネーミング(笑)






ちなみに、大七孔の方が景区も小さく、入場料も安いです。








特に写真映えするような絶景が続いているわけではなく、
実際、実に地味な景区だなと思っていたのですが、

s2014P8083080.jpg

s2014P8083172.jpg

s2014P8083075.jpg




渓流はきれいだったし、

s2014P8083090.jpg

s2014P8083108.jpg

s2014P8083141.jpg

s2014P8083147.jpg






そしてこれ。

山に穴が開いてます。

s2014P8083145.jpg

s2014P8083106.jpg




これこそ、中国の南部カルストのたまものとでもいうべき景色(?)

s2014P8083133.jpg





自然ってすごいなぁ。

s2014P8083165.jpg


この先は未開放地帯だった。

絶対、絶景ありそうなのに残念。








そして、いい景色を見ようと川沿いから出ている登山道を登ってみた。





仙人橋って名前のところもあったけど、
どこが橋なのかさっぱり分からないまま、先に進む。

s2014P8083207.jpg

s2014P8083202.jpg

s2014P8083214.jpg


おおお!!!




この辺が山に囲まれた大自然の中にあるのはよくわかった。









そろそろ日も暮れるし、帰りのバスがなくなるとかなり面倒なのでそろそろ山を下りる。





が、あれ?

ちょっと道に迷ったかも。






更に行くと、村里があったので景区の出口を聞くと、
何故かやぶの中をまっすぐ行くように言われる。



怖いな・・・。



でも車の走る音はするし、人が歩いた轍がはっきり残っているから大丈夫かな。



20分ほどまっすぐ行ったら、無事に景区の出口にたどり着きました。

よかったー。







でも、あれ?
私、川の対面側から山を登ったはずなのに、
気付いたら、こっち側にいる。

いつの間に川を渡ったんだろう・・・???




やっぱり、あの大きな山の穴の上を渡っていたのだろうか。

それが仙人橋ってやつ??





何か知らないうちにすごいところを渡っていたんだな。


ふしぎー。

どうせなら仙人にも会いたかった(笑)
スポンサーサイト

[2014/09/13 00:37] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。