東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモークがかった洞庭湖を目に焼き付け、

バスターミナルから、中距離バスに乗り込む。


行先は、

『張谷英』ってとこ。



12キロ先の村で、運賃は20元って聞いていたのに、
2時間たっても到着しないので
GPSで確認してみたら、直線距離で50キロ以上離れてた。




しかも、この道中、


ものすごい悪路。

s2014P7200568.jpg


ずーーーーーっとジャンプしてた。

ケニアのナイロビに向かう道のりのようだわ

みんな無口だった・・・。

s2014P7200565.jpg




けど、なかなかいい景色じゃない。

s2014P7200577.jpg

s2014P7200590.jpg





でも、村に到着したのはもう夕方近く。

s2014P7200564.jpg


こりゃ、帰りの電車に間に合わないかも。

この村の一角には有料だけど景区があって、古民家群を開放しているらしい。

でも、空も思いっきりゴロゴロ言ってて、夕立が来そう。


道中の景色も堪能したし、
がたがた道は冒険みたいだったし、
あくまでこの岳陽のメインは洞庭湖だし

ってことでとんぼ返りすることに(笑)。




30分後にバスが出たのだけど、
乗り込んだ瞬間に激しい夕立。


よかったー
セーーーフ!!!





そしてまたあのがたがた道を走る。



未舗装だし、雨だし、
バスはスピードを出せずにのろのろ走っている。

あー、電車に間に合わないかも。




雷はこの近くで落ちまくっているようだ。

稲妻もすごいけど、

音もすごい。







その瞬間、



『ドン!!!!!!!』



というものすごい音と同時に、
真っ赤な火花が視界に入った。




目の前に雷が落ちたのだ。





バスがあと、10m、いや、5m先を走っていたら、

確実に直撃していた。





たぶん、無傷では済まなかったはず。



九死に一生
危機一髪





背筋が凍った。




生きててよかった。。。









結局、電車には乗り遅れたけど、
生きて帰っただけ、十分すぎる。

自然の前じゃ、人間なんてちっぽけやな。





と思った一日でした。
スポンサーサイト

[2014/08/10 23:14] | 中国 その3
トラックバック:(0) |


mary
いやー。こーゆうのみると、えみっちが生きてて本当よかったーって思うわー。こればっかは気をつけようがないもの。運命だもの。よくぞご無事で(^^)

Re: タイトルなし
えみりあ
≫maryちゃん

ありがとう。
ホントに生きててよかったと思う。
もってんな、じぶん。
でもちゃんと元気に帰国するからまっててね♡

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
いやー。こーゆうのみると、えみっちが生きてて本当よかったーって思うわー。こればっかは気をつけようがないもの。運命だもの。よくぞご無事で(^^)
2014/08/13(Wed) 00:04 | URL  | mary #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫maryちゃん

ありがとう。
ホントに生きててよかったと思う。
もってんな、じぶん。
でもちゃんと元気に帰国するからまっててね♡
2014/08/30(Sat) 11:15 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。