東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国三大かまどと称される都市の一つ

長沙。



あ、あとの二つは、南京と重慶ね。

武漢っていう説もあるか。





とりあえず、ここ、


めっっっっっっちゃ暑い。


暑いっていうのは、蒸し暑いって意味。





外に出て3分後には、

全身汗だく。

まとわりつくような湿気が、これまたむかつく。








ここ、湖南省は、ご飯が辛いので有名。

辛いってのは、塩分が濃いのではなくて、


唐辛子辛い!!!




『四川の人は辛いのを恐れず、湖南の人は辛くないのを恐れる』

って言葉があるんだって。



そういえば、湖南省は中国一辛いんだって聞いた気がする。



すっかり忘れてた。





実は、辛いのはあまり得意ではない。

おでんもからしはつけないし、
寿司のわさびは抜く派。



食べられなくはないけど、好んでは食べたくない。






けど、来てしまったのだから、仕方ない。






指差しの食堂で、テキトーに頼んだご飯、



これ、


唐辛子が主役でしょ?


ってくらい入ってるんですけど。

s2014P7180336.jpg



始めは大丈夫だったけど、次第に口から火を噴くほどに。

クーラーの真下にいるのに、汗も流れてきた。


いや、冷や汗ではないっす。




中国人、あまり太った人を見かけないのは、
やっぱり唐辛子の発汗パワーなんだねー


そうだ!!!
辛い物は酢で洗うんだっておじいちゃんも、レイも言ってたっけ。

食堂のテーブルに必ずおいてある酢をかけてみる。

うーん、ちょっと辛みが和らいだかも・・・。


と思ったのは一瞬で、
やっぱり辛いよ!!!



たまご炒飯頼んだ時も、
なぜか真っ赤な炒飯だったし。


でも、これだけ辛い物を食べてもおなかの調子は良好だった自分の体は、どうかしているに違いない・・・








さて。

腹ごしらえもすんだので、一汗かいたところでお散歩じゃ。





岳麓山という宿の裏のある山に登る。

山って言っても、黄山や峨眉山のような山ではなくて、
ほんとにお散歩程度で登れる山。

この山は、中国でポピュラーな宗教、仏教・儒教・道教が共存している。

なかなかすごい山らしい。




山登り・・・と言っても、ほぼ車道化したルートを歩く。

s2014P7180340.jpg



始めて5分も立たないうちに、ちょっと後悔し始める。


もー、汗がダラダラでやばすぎ。


もう、この時点で、下山したらコーラにするかスプライトにするかとか、どのアイスを食べるかってことしか考えてなかったもん(笑)





中国人も暑いよねー

お腹だして歩きたくなるよね。

s2014P7180342.jpg





巨大ボトル持って登りたく・・・ならないよ。
こんなにいらない。

s2014P7180341.jpg




観光車って手もあるけど、

最近、楽をお金で買うことを覚えてしまったので、
こりゃダメだ、ということで戒め。

ドMりあ、戻ってこい!!!

と。

s2014P7180343.jpg


さよなら観光車~~~











もー、あんまり覚えてないね。

脳みそ、グツグツしてて(笑)。


s2014P7180390.jpg

s2014P7180371.jpg


湖が案外きれいだったことと、


蚊が多かったことしか覚えてない。







たぶん、今日一日で3キロは搾れたんじゃないかなってくらい。

ま、下山したら速攻コーラとアイス食べたから、意味ないと思うけど。
スポンサーサイト

[2014/08/10 18:24] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。