東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図を見ていると、
芙蓉鎮から4キロほど南に行ったところに


『獅子岩』なるものを発見。




そういえば、ハオハオも

『獅子岩』は楠渓江の代表的な見どころの一つだって言ってたな。







さぁ、そこまでのんびり散歩だ。

s2014P7012293.jpg

s2014P7012296.jpg

s2014P7012307.jpg








ホントにいいとこだねー、楠渓江。

夏休みの田舎のおばあちゃんちって感じ。

s2014P7012310.jpg







さて。

それらしいエリアに来たのだけど、

『獅子岩、あっち!!』っていう表示に従って行ってもよくわからない。






ひょっとして、川下りしないと見れないパターン?

s2014P7012314.jpg

『ライオンロック』はどこですかー?





うーん。







その辺をうろうろしていたら、

『龍瀑仙洞』なるものを発見。

行ってみるべ――







って、入場料、80元もするの!?




高っ!!!





・・・。





行ってまえ!!








観光車で山を登り、入場ゲートをくぐると、

s2014P7012356.jpg





出迎えてくれたのは







s2014P7012329.jpg






滝だった。





s2014P7012334.jpg





なにこれー


これ、入り口でしょ?


なにげに期待値、高まるぅ~~~


80元の価値、ありありじゃない?




s2014P7012467.jpg




何って、

この龍瀑仙洞、

山と洞窟と滝で構成されているわけでして。




s2014P7012359.jpg

s2014P7012363.jpg

s2014P7012365.jpg

s2014P7012371.jpg

s2014P7012386.jpg

s2014P7012394.jpg




いや、ホント、いいよ、ここ。

楠渓江、まじで来てよかった。






そしてさらに山を登って行くと、

s2014P7012427.jpg

s2014P7012402.jpg


え!!こんなところに民家?

s2014P7012428.jpg


っていうか、桃源郷??


s2014P7012405.jpg


っていうような、つい目をこすりたくなるような光景が飛び込んできた。





素晴らしすぎる。







楠渓江はかなり広いエリアのようで、正直自力でまわるのは限界がある。

でも、ここも近い将来、世界遺産に登録されるのではないかな、と思わなくもない。


いや、十分候補としてあってもおかしくないレベルだ。





ただ、危惧するのは、

世界遺産になった時に、今ののどかな雰囲気が保てるのか

ということ。








難しいことはよくわからないけど、

でも、いつまでもこの美しい楠渓江は存在し続けてほしいなと思う。
スポンサーサイト

[2014/07/14 17:48] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。