東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩頭から北へ2~3キロ。

蒼坡村へ行ってきました。





楠渓江には古鎮がたくさんあるなぁ。



s2014P6302104.jpg

s2014P6302114.jpg






いい天気の中、いや、ムシムシした曇り空の下、
幹線道路をずっと行き、
道を外れて少し行くと、そこにあった。

s2014P6302121.jpg




んー、なんだかツーリスティックなにおいがする。





s2014P6302125.jpg

ぷぷっ







門をくぐると、池。


s2014P6302130.jpg



なんだか、古鎮というより、博物館村のような感じがする。

s2014P6302132.jpg

s2014P6302137.jpg

s2014P6302139.jpg

s2014P6302144.jpg

s2014P6302151.jpg

s2014P6302158.jpg





けれど、奥に行けは行くほど、ちゃんと生活の場としての村の姿があった。

s2014P6302148.jpg

s2014P6302171.jpg

s2014P6302175.jpg

s2014P6302191.jpg





静かでのどかな村。

トトロの時代にタイムスリップしたみたい。





s2014P6302166.jpg






こういう村の路地を歩いていると、
グルジアのウシュグリやメスティアの村落を思い出すな。

s2014P6302179.jpg



家畜が村内に放し飼いになってるところとか、
石畳とか、




そんな感じ












村から岩頭方面に伸びている農道を歩いて戻る。

s2014P6302203.jpg


幹線道路と違って、静かでいいな。

田んぼ。

畑。

s2014P6302195.jpg




田園ってこんなんだっけ。

s2014P6302242.jpg




楠渓江は、中国で唯一の田園地帯なんだって。





うーん、この表現は何とも怪しいものが・・・。








s2014P6302212.jpg















途中、登山道を見つけたので登ってみた。

蚊が多い(笑)。




頂上からの景色は、なかなかよかった。

s2014P6302224.jpg

s2014P6302235.jpg






これだけでも楠渓江に来た甲斐があったね。

いやー、素晴らしい。







またまだ楠渓江の旅は続きます。

s2014P6302110.jpg
スポンサーサイト

[2014/07/14 17:18] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。