東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年半前、ブラジル。

今はワールドカップやってるブラジル。





あれは、11~12月だったから、ブラジルは乾季だったんたよね。

そんな時に、アマゾン河の船旅をして、河口を目指した。


ポロロッカを見るために。



ポロロッカは、アマゾン河口付近で、新月と満月の日に起きる世界的にも珍しい逆流現象。



だけど、乾季ってことで水量が少なくて、シーズンじゃなく、
現地の人にも『無理だ』と言われて結局見れなかったんだっけ。


すごく悔しかったな。


その時のブログはこちら







けど、これも縁だと思いながら自分を慰めていたけど、
やっぱりあきらめきれなかった。






というか、同じ現象が、ここ、中国でも起きるらしい!!!






だから、もう一度リベンジすることができるならば・・・と期待を込めてやってきた。

懲りないな、自分(笑)。







杭州から電車で一時間。

海寧という、町にやってきた。

杭州や南京や上海と大違いで、
電車の駅がすごく小さい。


そりゃ、中国人に『海寧に行くんだ』って言っても、
『海寧?どこ?何しに行くの?』って聞かれる位。



けっこうマイナーなのかな、ポロロッカ。



ちょっと調べてみると、中国のポロロッカは、
杭州湾を河口とした『銭塘江』という川で起きるらしい。
そしてベストシーズンは、10月。


今は6月末だけど、梅雨に入って雨が降るようになったから水量も少しずつ増えていくだろうし、
とりあえず、6月の新月に合わせてやってきた。

実際は2日くらい前に到着して、ボロロッカに備えようかなと思っていた。





とりあえず、何もなさそうな、観光地というには程遠いような海寧なのに
何故かユースがあるのでそこを目指す。

駅からローカルバスを乗り継いで、約1時間。

ホントにホントに何もないところで下車。そこから徒歩10分。

s2014P6282022.jpg

s2014P6282020.jpg

s2014P6282009.jpg

村人に尋ねながら向かうが、うっかり見逃しそうになった。

s2014P6282035.jpg

こんなに色あせてたら気づかないよっ!!

s2014P6282036.jpg




なんだかすごい宿だ。


宿っていうか、庭(ゴルフ場まで完備)。

s2014P6251769.jpg

s2014P6251774.jpg

s2014P6251776.jpg

s2014P6251781.jpg




周囲には、小さな小さな商店が一つあるくらい。

村に食堂はないので、宿併設のレストランで食べるしかない。

これは、食堂ではなく、レストランというのだ。

s2014P6261857.jpg

s2014P6261858.jpg

魚泳いでるしさ。

s2014P6261855.jpg

s2014P6261863.jpg




でも、スタッフと仲良くなったら、トマトやら、トウモロコシやら、ジュースやらくれたー。

s2014P6251782.jpg

s2014P6271980.jpg

何で中国の宿っていうか、中国人ってこんなにいろいろしてくれるの??








宿のスタッフに、ポロロッカが見たいんだけど、いつなら見られる?って聞いてみた。

『明日行くなら、10時半~11時ごろの間に来るよ。
今晩は10時ごろかな、けど、音を楽しむだけにしておいてね。』


音?

波の音のことかな。
てか、夜なんて行かないよー。
新月なんて真っ暗だし、そもそも雨降ってるし。
明日行きまーす。
わくわく



・・・?


ねぇ、ちょっと待ってよ。

今日も明日もまだ新月じゃないよね?
なのにどうしてボロロッカが見れるの?




『銭塘江では、毎日昼・夜の二回、発生するんだよ。
でも、最も大きいのが新月と満月なの。
そして、川の水量が増す10月はすごく大きいのが見れるよ
まぁ、一年のうち120日くらいは見られるんじゃないかな』



え。

新月と満月しか見られないんじゃないんだ・・・
なんか、この日にピンポイントで狙うためにいろいろ日程調整してきたけど、あんまり必要なかったってこと?
まぁ、いいや。新月には大きいのが見れるんなら。


軽くショック。





というわけで、翌日、宿の近くの観潮スボットに行くことにしました。


つづく
スポンサーサイト

[2014/07/09 23:54] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。