東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇州から日帰りで気軽に行ける『水郷古鎮』はいくつもあるのですが、

その中でとくに有名な、


周庄同里に、





行ってきませんでした(笑)







江南の水郷古鎮でも有名な烏鎮や西塘にも、

たぶん行かないだろうなぁ。




あまりそそられない(笑)。

食わず嫌いだと思います(ダメじゃん)。









蘇州市内から、市バスで45分、乗り換えなし。
気軽に行ける、あまり有名ではない(らしい)古鎮の一つ、

木瀆

という水郷古鎮に行ってまいりました。





バスを降りて、『古鎮』っぽくない門をくぐり、

しばらく歩くが、


ホントに人がいない。

s2014P6201242.jpg




いやいや、ここまでマイナーってことはないでしょ!?







古鎮のメインストリートに出た。

s2014P6201336.jpg

s2014P6201248.jpg

s2014P6201252.jpg

s2014P6201258.jpg

s2014P6201311.jpg

s2014P6201344.jpg


水郷古鎮って感じするねー。

s2014P6201297.jpg


やたら、こんな素敵な衣装でポーズをとっている人が多いなと思っていたら、

s2014P6201308.jpg

メインストリートの一角は、こんなお店ばかりだった。


この木瀆も例にもれず、
中国各地の景色のよい見どころは、
ウエディングドレスや民族衣装を着ての記念撮影が大変好評のようです。




メインストリートを外れるのも面白い。

s2014P6201271.jpg

s2014P6201294.jpg

s2014P6201306.jpg



人は確かに多くはないし、
『観光地』というには途上な感じもするけど、
そこが好き。


生活の匂いがするところが好き。

s2014P6201236.jpg

s2014P6201328.jpg

s2014P6201329.jpg




なんとなく、ミャンマーのニャウンシュゥエを思い出したよ。







中国人の中でも、知らない人が多い古鎮のようですが、

穴場だな

と思います。

s2014P6201266.jpg
スポンサーサイト

[2014/06/28 00:13] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。