東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇州で観光中、

携帯を水没させてしまった!!!





声にならない声・・・。



この携帯、一年くらい前にグルジアで買ったスマホ。
simフリーでGPSとwifiと、まぁせいぜい通話ができたらいいかなっていう程度で選んだ、一番安いやつ。
一万円くらいだったかな。


これを手にしてから、旅がうんとしやすくなった。


道に迷うことも少なくなったし、
Simを入れた国では、友達との待ち合わせや連絡にもとても便利だったし、
スカイプや、レート計算や、目覚まし代わりにも、ホントに重宝してた。




前回の中国で購入したsimは、日本に帰国していた間に無効になってしまったので、
上海で新しく買ったばかり。
まだ買って5日も立っていないのに・・・。



まぁ、スマホがなくても旅はできるし、実際してきたし、
不便になるのは否めないけど、仕方ないかな。
でも、買ったばかりのsimがもったいない。






気付けば、町の携帯屋さんにいた。


スマホ、水没させちゃって・・・。
たぶん直らないよね。
だって水没だもん。
とりあえず、安い携帯見に来てみただけ。



そういうと、スタッフは私の動かなくなったスマホの電池パックを取りだし、いろいろとチェックを始めた。


『電池パックは故障していないようだね。
本体が壊れているみたいだ。
30分でなおすよ。
120元で。
もし直せなかったら、お金は払わなくていい。




ちょ、何言ってるの?
水没だって言ってんじゃん。
そんなに簡単に直らないよ、ふつー。
てか、120元て安すぎん?



半信半疑どころか、直らないと決め込んで待つこと30分。








修理に出ていたスタッフが息を切らして帰ってきた。




『はいどうぞ』



そう受け取ったさっきの水没スマホ。





なんと、




なんと、





なんと、






動いてる!!!





しかもデータもそのまま。
水没する直前と全く変わっていない。

(後から気づいたけど、電源が頻繁に落ちやすくなってた。でも、使えるからまーいーや)





まじかよ!!!


中国やるじゃないか!!!


ちょっぴり、くやしい(笑)。





その時のスタッフのドヤ顔、忘れられんわ。。。










日本の携帯屋さんに水没した携帯を持っていくと、
ほぼ高確率で

『修理不可』

の烙印を押された気がします。
まぁ、3年前の記憶ですが。
今は時代が変わったかもしれません。

日本の技術なら直せないはずはなさそうなのに、どうして『直らない』と言われるのか。

新しい携帯を買ってもらいたい

とか、

一応修理はできるけど、もしかしたらホントにデータが消えてしまうリスクがあるから、しないようにしてる

とか、

いろいろ考えられますが、
保守的というか、リスクを避けるところというのが日本らしいな。と。

今は水没修理してもらえるんでしょうか。
スポンサーサイト

[2014/06/27 23:54] | 中国 その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。