東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おいしいココアを入れられるようになりたい』



旅に出てから、そう思うようになりました。





私にとって、ココアというのは、自分になくてはならない飲み物な気がする。


コーヒーが飲めない私が、
旅の中でほっと息ついて飲む、贅沢飲み物は、ココアだったし、
のんびり滞在するときはココアを作って飲める喜びがあった。



世界にはいろんなココアのかたちがあって、

例えば、

ヨーロッパでココア(ホットチョコレート)と言えば、ドロドロのペーストに近いものだったり、
マックカフェのホットチョコレートはなぜかガラスコップにストローで出てきたり、
スペインではチュロスをココアに浸して食べたり、


日本で言う『ミルクココア』とはまた違った形のココア=ホットチョコレートに驚かされることは頻繁だった。




でも、やっぱり、ココアは私にとっては、
旅に欠かせないものだというのは事実だと思う。




だから、『おいしいココアを作れるようになりたい』と思ったし、


日本にいるときも、ミルク鍋片手にかちゃかちゃ練っている時間が増えた。











大阪に有名なココア専門喫茶があると知って、ぜひ行ってみたいと思っていたけど、
いままで、毎月のように大阪に行く機会はあったのに時間が取れず、


今回ようやくそれか叶った。




地下鉄心斎橋駅から徒歩7分。
小道を入ったところにあるオシャレで行列のできるお菓子屋さん・・・

s2014P6090643.jpg

を横目に、



その隣にある吸い込まれそうな入口。

s2014P6090656.jpg


ドキドキしながら階段を上ると、

まだ入店もしていないのにかわいい雰囲気。

s2014P6090654.jpg

これはド・ストライク間違いなし!

と確信を持ちながら入店。






小さなお店だけど、
オシャレでかわいい、ココア専門喫茶店でした。

s2014P6090646.jpg





おばちゃんは、ヘンゼルとグレーテルのグレーテルがそのままおばちゃんになったような人で、めっちゃハマってる。


ホットココア、680円。

s2014P6090645.jpg




正直安くはないけど、

これはまさに、『ここでのまったりした時間を買う』という感じ。

実際、店の中と外では、全然空気が違う。
切り取られたみたいな異空間、
ここだけが、ここだけの時間が流れている感じ。



もちろんココアもおいしかったけど、

やっぱり、ココアを飲むという時間は、
私にとってはまったりした時間を過ごすということなんだなということを改めて感じました。






s2014P6090652.jpg

ここに私の名前が加わる日も遠くはないはず!!







大好きな場所か増えた。





帰国したらまた来ます。
スポンサーサイト

[2014/06/17 00:27] | 日本 その2
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。