東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオス北部の町・ルアンナムター。

中国との国境からバスで1~2時間ほどの距離です。

s2014P2071648.jpg

s2014P2071649.jpg



隣の国・ベトナムから東南アジア辺が始まり、
カンボジア
タイ
ミャンマー
シンガポール
マレーシア
タイ(再)
ラオスと、ぐるりと東南アジアをまわったことになります。



観光自体にはあまり力は入れられなかったけど、
人との出会い・再会や、
体調を崩していた間も別のアンテナが立っていたりして、
かなり充実した、意味のあった日々だったなぁと振り返って思います。










というわけで、

東南アジアの旅を終え、あの大国へ再び。






中国―――




今回は、ビザ延長なしの15日間一本勝負。


実は、中国には、中国の旧正月である『春節』がその直前にあり、
移動の混乱・宿の確保の難しさなどを考慮し、
春節が終わったころに入国しようと決めていました。




そして、決戦の日・2月8日。


朝、ラオスのルアンナムターの安いローカルバスで国境まで行こうとしたところ、

出発の時間になってもバスは出ない。

乗客が私一人しかおらず、一人しかいなければ出発できないのだという。
仕方なく待つが、1時間たっても2時間たっても、集まらない。
ラオス人のおばちゃんたち3人が乗ろうとしてやってきたけど、
計4人でも出発できないのだと分かると、
さっさとどこかへ行ってしまった。



多くのツーリストは、宿のツーリストデスクや旅行会社を通じてバスを確保している。
少し高いがその方が確実。
そして、国境で自分で乗り換え、公共交通機関を乗り継いだ方が安いと思っていたら、
結局のところ、ルアンナムターから中国の景洪などの町の間を走っている国際バスの方が格段に安かったっていうオチ着き。




その時はそんなことも知らず、人が集まるのを待っていたけど、10時頃になっても全然集まらないのでしびれを切らして、
町のはずれにある国境バスの発着している長距離バスターミナルまで行った。

すると、

『今日の便はもうないよ。明日の朝しかないよ』

まじすか。。。



がっくりと肩を落としてまた、町の中心の戻る。

明日出発にするかぁ・・・。






と思っていたら、
運よく国境行きの車に拾ってもらえ、無事に国境までたどり着けた。


まぁ、通常よりは少し高かったけど、
今日のうちに中国の大きな町までたどり着けるのであればお金のことはそれほどでもない。






国境はガラガラで、
春節の休暇を利用してきているのであろう、中国人の家族組の観光客が数組いるのみ。

何事もなくラオス国境を通過し、

中国国境へ。


列に並んでいると、国境職員が私のパスポートを見て、

『おい、お前、中国人じゃないな。外国人はこっちだ。ついてこい』

といっててくてく歩きだす。



あーあ。
また別室かぁ。
前回の中国入国みたいに面倒くさいのかぁ。

と思っていたら、単純に、外国人はパスポートを機械に通すという作業があっただけだったっぽい。

そして、入国管理カードの記入。
そばでその職員が見ている前ですらすらと書く。

今回はノービザでの入国なので、
『ビザ番号』の記入欄を飛ばすと、


職員『おい。ビザ番号は?』
えみりあ『ビザ?ないよ』
職員『なんだと?ビザが無いなら入国はできんぞ』
えみりあ『日本人は15日までならビザなしで滞在できるんだよ』
職員『はぁ!?』
えみりあ『はあ!?』



どうも、『はぁ!?』と言われると同じように『はぁ!?』と返したくなってしまうんですよねー。
中国人にとっては『えっ?』くらいの感覚なんだろうけど、
こっちとしては『はぁ!?』って感じてしまって。
いつまでたってもなれません、こればっかりは。

『ちょっと待ってろ』

といってどこかへ消えて行った職員。


あー、またかよ。
ここは別にマイナーな国境でもないんだから、きちんと把握しておいてほしいなぁ

と思っていたら、3分で戻ってきた。
『よし。並んでいいぞ』
と、許可を頂き、再び列に並び、無事に中国に再入国することができました。







国境の町・モーハンから景洪までの直通バスは、午後の便は4時前にしかないという。
時間がたっぷりあったので、
中国のsimカードを購入してみました。

バスターミナルの向かいにある小さな商店で聞くと、あるよということで、
グルジアで購入したsimフリーの携帯にセットしてもらった。

s2014P2081663.jpg

犯罪防止なのか、
パスポートとともに写真を撮って送るらしい。
実際どれくらい使えるかよくわかっていませんが、
70元で通話とウエブアクセスもできるので、3Gのやつだったみたい。

中国は、ユースなどにはWifiはあるけど、込み合っていたり、夜間は切られたりして、
使えるけどあまりあてにできないという感じだった。
しかも、FBなど一部のサイトはアクセス拒否される。
だからVPNを使っての接続になるのだけど、実際、速度は少し落ちる。
加えて、中国は時間が限られている分、予定をきっちり立ててムダ無く動いており、
沈没している暇はほとんどない。
なので、中国に入った途端、今まで以上に更新ペースが遅れます。

これで、ネット環境がない状態でも、GPSの地図をダウンロードできたり、電車のスケジュールを直前でも確認しやすくなって
かなり旅しやすくなった。

そもそも、旅を始めたころはパソコン一本だったけど
GPS・簡単なメールチェック程度が目的だけど、グルジアで携帯を買ったら、
世界がグンと変わりました。

s2014P2232870.jpg


こんなに旅しやすいなんて知らなかったよー。

現代はモバイルパッカーの時代だよ(え、今更?)

でも、それでも限界があったりするけど、
そういう時は、ネットが使えない・情報がないことを楽しめばいいし、
ネット上の情報だけを頼りに旅するのはちょっと違うかなと思ったりもします。




まぁ、かなり話がずれましたが、

無事に中国に再入国できたので、今期の中国を最大限に楽しみたいと思います。






入国して一番初めに食べた中華料理は・・・








青椒肉絲蓋飯(ぶっかけごはん)!!!

s2014P2081669.jpg

赤いのは全部唐辛子。
激辛~~~

辛くしないでって言うの忘れた!
スポンサーサイト

[2014/02/25 23:01] | 中国 その2
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。