東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンビエンは長期旅行者に人気の町らしいです。





想像をはるかに超える欧米人バッパーの数に少々圧倒されつつ、
宿にチェックイン。


s2014P2011270.jpg




同じドミだった、欧米人の女子と仲良くなり、
疲れてはいたものの、一緒に街歩き。

s2014P2011271.jpg

そして、『明日は一緒にチュービングに行こうね』と約束して、
疲れていた私は夕食も食べずに寝てしまった。






チュービングは、町を流れるメコン川を、浮き輪に乗って3時間くらい流されるという人気のアクティビティ。
ひとりで行ってもつまらないのは非常に予想に容易かったので、
一緒に行く友達ができて、ウキウキしてました。

s2014P2011281.jpg

s2014P2011284.jpg



翌朝、張り切ってチュービングに行く準備をしていると、
「朝ご飯を食べて、バスのチケットを先に買ってきたいの。それからチュービングに行くわ」
という彼女。

宿のレストランで、待っているからと伝えだけれど、


同じドミの他の欧米人と行ってしまったようで、

2時間くらい待っていたけど帰ってこなかった。。









ふむ。









ひとりでチュービングしてもつまないし、


予定変更だ!!!




というわけで向かったのが、洞窟。



洞窟まで向かう景色も素晴らしかったけど、

s2014P2021296.jpg

s2014P2021336.jpg

s2014P2021335.jpg

s2014P2021303.jpg

s2014P2021301.jpg

s2014P2021311.jpg






中は鍾乳洞のようになっていて、
奥の方は電球が切れていて進めず途中までしか見ていないのですが、

s2014P2021328.jpg

s2014P2021319.jpg




洞窟は、山を登ったところにあって、そこの展望台からの景色が

s2014P2021316.jpg

s2014P2021323.jpg


私の心を癒してくれました(涙)。













夕方、宿に戻ったら、彼女も

「あなたに会えなかったから、先に行ってしまったわ」

的なことを言われたので、ただのすれ違いだったんだけどね。






洞窟からの景色がなかなかヒットだったので、満足。

バンビエンには長居せず、移動します。
スポンサーサイト

[2014/02/25 21:32] | ラオス
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。