東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林寺に行ってきました。

あの、少林寺です。



PB280479.jpg



押忍!!






洛陽からバスで2時間くらい。


PB280480.jpg




少林寺の前に到着すると、

風が強くて、とにかく寒い!!!

濡らしたタオルが凍るくらい(←言い過ぎ)

天気はいいのにね。









まず向かったのが、

少林寺武術館。

ここでは少林寺拳法の演武が見れる。

PB280483.jpg


まぁ、ツーリスト向けっていうのは否めないけど、
やっぱり身のこなしとかはホントに軽やかで、
武術というより、芸術っていう感じ。

PB280487.jpg


小さな子から、18歳くらいの子まで。

こんな小さなころから修行しているんだねぇ。


PB280490.jpg


ちなみに、武術館の隣には寮があって、
ここで稽古を積む様子や、
近くの食堂にご飯を食べに行く少年たちの様子が見れた。
私たちには観光地だけど、彼らにとっては紛れもなく生活の場なんだ。
みんな、おそろいの青のジャージだったのが、妙に現実感があったなぁ。







でも、ここは、武術の場である以前に、お寺

PB280511.jpg

PB280498.jpg




あの達磨さんもここ、少林寺のある嵩山で修行を積んだらしい。


その達磨洞には今回は行っていません。
別の場所に足を延ばしました(後述)。







お寺を越えると、

PB280516.jpg

PB280521.jpg


塔林。

これだけニョキニョキ生えているのは圧巻。









成都で出会った旅人・ヒロさんが、
『旅猿で岡村と東野が、そのずっと奥にある三皇寨に行って『絶景なり~』って叫んでいたんだ。だから自分もそこに行ってみたら、本当に絶景だったよ。』
って教えてくれた。



私も行ってみることにした。



PB280524.jpg





この三皇寨、かなり奥にあるから、ロープウェーが出ている。
でも、この強風では間違いなく止まっていると思われた。
というより、ロープウェーは高くて予算オーバーなので、歩きで行くつもりだったけど。


でも、この距離、かなりハンパない。




塔林から三皇寨の入り口・南門までが上り坂で30分。
最近、こんなに山登りが好きじゃない私が、なぜか毎週のように山に行っているからか、
階段をひょいひょい登っても、ロープウエーの終点までで1時間。
そこから崖沿いに建てられた遊歩道を歩くこと1時間半。


PB280543.jpg

PB280538.jpg








やっと着いた三皇寨。


PB280547.jpg






いや~~~







PB280558.jpg





絶景なり―――――――――




PB280532.jpg




この道すがら、かなり景色よかったです。

逆光だったけど。







個人的には、少林寺よりもポイント高かったなぁ。









けど、この途中、ほんっっっっっっとに寒い。


風は強いし、標高は上がるし。

まわれを見れば、








雪!!!!!

PB280529.jpg

PB280528.jpg






凍ってる!!!!!!

PB280560.jpg




ここで修行している人たち、心から尊敬します。





下山途中できれいな夕日が見れた。

PB280565.jpg

PB280567.jpg





でも、これからまだ三皇寨を目指す人たちがずいぶんいたのには驚いた。




このまま三皇寨の向こうの駐車場に抜けてもよかったんだけど、
そこから洛陽にちゃんと帰れる自信がなかったので(バスの時間的に)
素直に景区の入り口まで戻った。

猛ダッシュで(笑)。



行きに3時間以上かかった道を、
帰りはわずか2時間未満で下山。



な・・・なんで最近の山登りは修行ばかりしているんだろう・・・。








でも、いつも、


『きてよかった』


っていう景色に会えるから、
つい、また登っちゃうんだよな。



絶景なり~~~!!!!
スポンサーサイト

[2014/01/08 15:02] | 中国
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。