東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人は、中国に観光目的で滞在する場合、15日まではビザがなくても滞在できる。
ただし、15日以上滞在する場合はビザが必要。









無事にカザフスタンを出国した私。
思えば、とってもハードだったけど、その分充実してたし、こんなに達成感のある出国はなかった。
『無事にカザフスタンを旅した』という気持ちで、



つい、



出国直後に雄叫びをあげちゃいました(笑)。










さて、いよいよ、次は中国への入国。

ここも、十分どきどきするポイント。

だって、日本人にはマイナーな国境。

マイナーな国境には『面倒』というおまけつき。







バスを降りて、バックハックを背負って、国境の建物に入ろうとした瞬間、


国境の職員にいきなり手招きされました。





そりゃ、段ボール箱だの、ズタ袋だの、大量の大荷物を運んでいるカザフスタン人・中国人に混じって、
バックパックを背負った、スマートないわゆる『旅行者』がいれば、
間違いなく浮くってもんです(笑)。

いくら顔つきが同じでも。






他の乗客たちがバスから大量の荷物を運び足している横で、
私は中国人の国境職員の荷物チェックを受ける…。

バックパックの中身を細かに確認され、
カメラやパソコンのデータまでしっかり確認される。

どうやら、彼の目には怪しいものが見つけられなかったようで、
すんなり内部の入国審査の列に並ばせていただけました。



そりゃそうだ。
私には後ろめたいことは何もない。








入国審査窓口でもやっぱりなにか気になる様子で
また別の職員が手招き。


人生初の別室送りとなりました。

ちなみに中国、この旅で56ヶ国目です。
56ヶ国目で初めて別室。


イスラエルですら別室にならなかったのに・・・。






またもや荷物を調べられ、
カメラもパソコンも調べられ、
ルートや滞在地を聞かれ、
職業を聞かれ、


スタンプがいっぱい押された私のパスポートを見ながら、

「あなたはいつ日本を出たのですか?日本を出た後どこに行ったのですか?」


2年前に日本を出ました。
日本を出た後は、アメリカに行きました。
今、私は世界一周旅行をしています。


「あなたは中国のビザを持っていませんね」


はい。でも、日本人は15日まではビザなしで滞在できるのです


「そんな情報はどこから手に入れたのですか?」


中国を旅行した多くの日本人も言っていましたし、日本の外務省がそう言っています。


「ノービザで滞在できるのは、学生と教師だけです」


そんなことはありません。すべての日本人に適用しています。確認してください





そんな穏やかかつ緊張したやり取りをした後、

待つこと30分。
担当した職員はパソコンで調べまくっている。


どうやらその条項を見つけたらしく、
再び入国審査窓口に並ばせてもらえ、

無事に入国スタンプを頂きました。

「よい旅をー」
の笑顔付き。



ふー。

そうでしょう、そうでしょう。
私にやましいことは何もない。

とりあえず、よかったぁ。










と思ったら、


再び手招き




またしても別室へ。





もー。スタンプもらったんだから、もういいでしょ!?



っていう気持ちをぐっとこらえ、笑顔で別室へ。







こんどは偉い人っぽい人が質問。


入国後のルート、
再び荷物チェック。しかもかなり入念に。

『宗教』『政治』
などと紙に書かれ、宗教活動や政治活動が目的での入国かどうかを聞いているみたい。

いやいや、ないです、そういうの。
普通に観光です。





やっぱりポスの目にも私に不審なところは見つけられなかったらしく

これで本当の本当に入国となりました。



そりゃそうだ。
私にはやましいことは何もない。




『きをつけてねー』

とか言ってもらっちゃった。







また国境を越えた後、雄叫びをあげちゃいました。

やったーーーーーっ!!!





こんな達成感のある入国なんて、たぶん初めてだと思う。




そして、ホントにこの国境は日本人旅行者は利用しないんだなぁと痛感。
そりゃまぁ、ガイドブックにも載っていないし、
わたしもF本さんに教えてもらうまで知らなかったですから。
















そして、国境からジェミナイの町までバスがなく、タクシーも思ったより高くて困っていたら、
カザフスタン人の集団に声をかけられました。

『一緒にのってかない?』って。

PA240734.jpg

もーーーーーー、カザフスタンのホスピタリティには感動しっぱなしの五日間。

ホントに感謝です。












さて、ノービザで入国しましたが、
もちろん入国審査では言っていませんが、
成都周辺でビザの延長を試みようと思っています。

(リアルタイムではもう申請しましたが)


その間の15日は成都に向けてシビアに回りますっ!!!
スポンサーサイト

[2013/11/08 05:40] | 中国
トラックバック:(0) |


RUNNER
最後の写真が中国っぽくてうけたw

みんな良い人そうねー。

Re: タイトルなし
えみりあ
≫RUNNERさん

うん。みんなすごくいい人だった。
カザフスタン、サイコーやねー

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
最後の写真が中国っぽくてうけたw

みんな良い人そうねー。
2013/11/08(Fri) 16:21 | URL  | RUNNER #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫RUNNERさん

うん。みんなすごくいい人だった。
カザフスタン、サイコーやねー
2013/11/12(Tue) 23:15 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。