東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギス第二の都市・オシュから、

首都・ビシュケクへ移動します!!!







宿でシェアタクシーをチャーターできるという事でしたが、
自分でシェアタクシー乗り場に行って交渉するよりも200スムくらい高いらしいので
自分でシェアタクシー探すことにしました。





って言っても、400円の差なんやけど。





それに、自分で探して、自分で決めて、地元に人に混じって揉まれていくのって



結構楽しい!!

っていうか、醍醐味やん!!!










確かにチャーターしてもらった方が楽やけど、
『楽さ』で見落としてしまうものがある気がして。



『楽する』のと『楽しむ』ことは全然別のこと。



と、以前、私の師匠に言われました。
その通りやと、力強くおもいますっ(握りこぶし)!!!











朝、8時半。
ビシュケク行の乗り合いタクシー乗り場へ。


バックパック背負っている私の姿を見つけると、
何人ものタクシー運転手や客引きのおっちゃんが寄ってきて、完全に囲まれた!!


「どこ行くんだ!?」
「ビシュケクか!!??」
「おれの車、いい車だぜ!!」





あと一人、すぐ出発という車と交渉し、

ふつーに相場の1000スム(2000円)で交渉成立。






乗り込んでみると、



ステップワゴンだった。












ホントにあと一人って感じで、私が乗り込んだら、即出発だった。
よかったー。



でも、あてがわれた席は、







補助席。




後部座席のドアのすぐ横、折り畳みのシート。







みんな同じ1000スムなのに、私だけちょっと乗り心地の悪い補助席。












ま、いっか。

補助席2000円。


中央アジアの移動費は安いのでありがたい。










そんなわけで、12時間を越える移動の開始。




このステップワゴンと、同じ車のキルギス人たちと道中を共にする。






特にみんな言葉を発することはなかったけど、

私が日本人だと分かると、みんな笑顔で受け入れてくれた。



P9301580.jpg


一人、英語ができる人が乗っていたので、彼がいろいろと通訳をしてくれて、
日本にも興味を持ってくれて、
より楽しい道中となった。







まー、12時間を越える補助席での移動は・・・







苦痛ではなかったよ。










アフリカに比べたら(笑)。








評価基準がアフリカって(笑)













そりゃ、普通の座席の方が楽に決まってるけど、

無事に目的地に着けりゃいいやぁー





出発して間もなく、乗客の一人が自宅に寄ってほしいってことで、その人んちへ。

そこのお母さんがみんなに、

ナンと馬肉を振る舞ってくれた。

P9301575.jpg



馬肉――。

お祝い事があると茹でた麺と茹でた馬肉を大量に振る舞うこの国。

P9301576.jpg


日本ではなかなか高価な馬肉ですが、

思ったよりさっぱりしていておいしかった。


P9301578.jpg


陽気な運転手とおかあさん。












そして、何よりも景色が良くてびっくり。




気付いたら渓谷を走っていて、

P9301595.jpg

P9301598.jpg

P9301607.jpg

P9301613.jpg







気付いたら湖沿いを走っていて、

P9301623.jpg






また気づいたら遠くに村と山が見えてて

P9301632.jpg

P9301636.jpg






ひつじとヤギの群れを追い越したと思ったら

P9301643.jpg

P9301646.jpg







草原の中を走っていた。

P9301654.jpg

P9301656.jpg










そして、同乗していた子供がすごくかわいかった。


もちろん、言葉は通じないけど、
十分面白かった。


お互い、顔芸とかしてふたりで大爆笑!!!












結局、道中一回パンクして、

ビシュケク市内に入り、
追加料金(150スム)で目的の宿の近くに到着できたのは、


夜10時頃だったけど、






いつもなら車に乗った瞬間から降りるころまでの半分以上は寝てるのに、

今回は寝てるヒマがなかった(笑)。


乗ってただけだけど、すごく楽しかったなー



補助席・2000円で十分お徳だった気がします。
スポンサーサイト

[2013/10/18 22:17] | キルギス
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。