東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①プロフ 

P9191267.jpg

 人参と羊肉と油たっぷりの炊き込みご飯




②ラグマン

P9271535.jpg

 野菜と羊肉入りトマトうどん




③シャシリク

PA090273.jpg

 鶏肉とか羊肉とかの串焼き または いわゆるつくね








中央アジアのご飯で定番なのがこの三つ。

毎日毎日、毎食毎食、この究極の三択でありますっ!!




さぁ、どれにしますか??






基本的に、

脂っこいです。











この中でよく食べるのが、ラグマン。

P9281544.jpg



中央アジアに入ってから、麺類がパスタからうどんに変わった。

これには感動です。

P9231488.jpg



ラグマンは、地域によって使う具材や形態が違っておもしろい。

ウズベキスタンではどんぶりに入った汁麺だったのに、

キルギスに入ったらお皿にあんかけ的な感じで出てくるようになりました。


味もずいぶん舌に合うようになってきた。

P9201384.jpg








この三択だけではやっぱり疲れるので、他にも

ビシュテク

P9291572.jpg

  リゾットの盛り合わせ・目玉焼きハンバーグ添え




とか




ガンファン

PA100398.jpg

  ラグマンのご飯パーション





とか





焼きラグマン

PA070110.jpg



とかもおいしかったー。






ちょうどこの時、風邪ひいちゃってまして、
ビシュテクを頼んだら
消化によさそうなおかゆ系のと、
力が尽きそうな目玉焼きハンバーグの組み合わせが
妙にアンバランスすぎて笑えた。







けど、やっぱり、正直に言うと、








中央アジア料理はワンパターン&脂っこいので






飽きる。





に尽きる気がします。





中央アジアの料理は、
中国やロシアにルーツを持つ料理が多いらしく、

これから中国に行けばもっとおいしくなるそうなのでたのしみー。








キルギスのオシュのバザールを歩いていたら、

P9281551.jpg

春雨サラダ!!!!!


とか、


P9281548.jpg

しいたけ


とか見つけました。





きゃーーーー

おいしそう☆





けど、炎天下で売っているこれらのお惣菜、買うのはちょっと遠慮しときました。

ほんと、慣れ親しんだものが増えてくるって、すごくワクワクするな!!!
スポンサーサイト

[2013/10/11 23:15] | キルギス
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。