東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クタイシで世界一周中の自称『絶景ハンター』ユウスケくんと会い、
そーいえば私も絶景好きやで、絶景ハンター名乗ろう(笑)
みたいになり、
ほぼ勢いで行ってきた。



っていうか、彼に会うまでそんなところにそんないいところがあるなんて知らなかったー(笑)







グルジアの奥地、ウシュグリ。






クタイシからはまずマルシュートカ(乗り合いバス)でメスティアに行かないといけない。
メスティアがウシュグリ村への起点の町となる。らしい。


国境の町・バトゥミからクタイシが飛ばしまくって3時間で10ラリ(600円)の距離が、
クタイシからメスティアまでの5時間が25ラリってちょっと高いだろーと思いつつ、気にしないフリ(笑)



なぜか途中町で無駄に1時間待たされ、あぁ、外国はのんびりやなぁと思っていると、
隣ではユウスケくんが、「はよせぃ!」とキレている・・・。
彼は今、先を急いでいるらしいのです。



まぁ、焦る気持ちはわからんでもない・・・。







そんな感じで夕方にメスティアに到着。

P7056147.jpg

あ。道に牛(笑)。







P7056187.jpg

と、豚(笑)



この地方にはこういう塔がたくさん建っている。

P7056170.jpg


『復讐の塔』というらしく世界遺産にも登録されている。

P7056217.jpg







この塔もさることながら、すごいのは、景色。

P7056225.jpg

P7056177.jpg

P7056165.jpg

P7056162.jpg





雲がうっすらかかっていて星は見られなかったけど。



ここよりも更に奥地で、更に絶景だというウシュグリ。



想像できません!!!







この町で一泊したのち、
朝9時にツーリストインフォの前に行った。

P7056148.jpg

ここからウシュグリまでは四駆車をチャーターしていくしかない。らしい。
しかも片道3時間の距離で一台200リラ。
おぉ、高ひ・・・涙。
でも、自称絶景ハンターなので行くっきゃないっしょ。

P7070259.jpg


というわけで、うちらとノルウェー人の親子とシェアして、値切ってひとり40リラにしてもらった。


未舗装の穴だらけの水たまりだらけの道をグネングネン走る。
エチオピア国境からケニアのナイロビまでの悪路を思い出すなぁ。

うーん、こりゃジープで行かなきゃならんのも納得じゃあ。









到着したウシュグリ村は、予想以上に絶景だった。




小さな商店が2つくらいしかない小さな村。

道は全く舗装されていなくて、牛や羊や犬やいろんな動物が自由に歩き回っている。

P7060203.jpg

と、思うと、




うんこ踏んだ――――!!!





でもここも古い塔がたくさん建っている。

P7060005.jpg

P7060188.jpg

P7070219.jpg




山も、絶景。

P7060055.jpg

P7070240.jpg


川も、絶景。
P7060045.jpg

P7070249.jpg

P7070221.jpg



花も、絶景。

P7060076.jpg


丘も、絶景。

P7060025.jpg

P7060043.jpg

P7060047.jpg

P7060176.jpg



村も、絶景。

P7060003.jpg

P7060012.jpg

P7060008.jpg


人も、絶景。

P7060210.jpg

P7060195.jpg



夜には雨が降ってしまったのでこの日も星空は拝めなかったけど、
本当にのんびりして、
ゆったりして、
自然体でいられる場所だなー。



日帰りなんてもったいない場所。


メスティアに戻る車代も高かったし、食べるものも高いけど、
それ以上の価値がある場所だなーと感じた。


全っっっっ然後悔してないっす!!!


グルジア41
photo by Yusuke



おー、旅サイコー☆☆☆
スポンサーサイト

[2013/07/18 04:02] | グルジア
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。