東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロバキアの首都・ブラチスラバと
隣の国、オーストリアの首都・ウイーンは



バスでたったの1~2時間


うとうと寝ていたらあっという間についてしまう。









到着して、まず向かったところは、







シェーンブルン宮殿

P6154977.jpg

中世史でおなじみのハプスブルグ家の離宮。
ここは、パリ近郊のベルサイユ宮殿を思い出させてくれるような、
大きくてきらびやかな宮殿。

P6154996.jpg

P6154981.jpg


ステキな広大な庭もある。

P6154984.jpg

P6155013.jpg

P6154992.jpg

P6155043.jpg


マリアテレジアやマリーアントワネットもここで暮らしていたんだなぁ。
でも、そこと全く違うのは、ゴテゴテした宮殿じゃないことと、

宮殿の建物以外は敷地内に入るのは無料!!!ってこと。

これは大きいよ(笑)。



ほえーって感じで見てました。

すごくきれい。

P6155028.jpg

P6155020.jpg

P6155010.jpg


上品なきらびやかさって感じ。












そして旧市街にあるシュテファン寺院
ゴシック様式のこの教会は、やっぱり年季と迫力と威厳を感じる。

P6155047.jpg

P6155051.jpg

P6155061.jpg


でかすぎてなかなか写真に納まらない。






このシェーンブルン宮殿とシュテファン寺院を見ずして、ウイーンを語ってはいけないらしい。

13年前のガイドブックに書いてありました(笑)。





そして、私が今回の弾丸日帰りウイーンでどうしても体験しときたかったのがこれ。

P6155093.jpg

ザッハ―トルテ。



創業のホテルザッハ―併設のカフェで。

実はこれがウイーン最大の目的。

花より団子(笑)。




久しぶりにおしゃれな高級カフェに入りました。
すごーくおいしかった。

いわゆるチョコレートケーキの部類だけど、
この黒光りしてる感じが


いやらしいくらい美しい!


それにこの生クリームがおしゃれ。



ヨーロッパを全力で感じた(値段も)。




味も日本のケーキよりは少し甘いしずっしりしているけど
おいしかった。





街並みも、やっぱりブラチスラバよりはきらびやか。
でも、落ち着いていて、おしゃれで、背伸びしている感じでもなくて、でも大人びている感じ。

P6155085.jpg

P6165099.jpg

P6165111.jpg




やっぱり、ウイーンを一言でいえば、

ザッハ―トルテ。




街には音楽も溢れていて、
街頭でクラッシックを歌っているきれいな歌声に惹かれて行ってしまった。
ついチップをあげたくなる歌声。

P6155086.jpg

P6165096.jpg





日帰りだったし、ウイーンしか見れなかったけど、
音楽の都・オーストリア、

いつかゆっくりめぐってみたいものです。
スポンサーサイト

[2013/07/03 01:21] | オーストリア
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。