東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬に噛まれた事件の続きです。

こちらも参照
  犬に噛まれた!!
  犬に噛まれた②









次の町、チェコのプラハに着いた。
到着してすぐに保険会社へ連絡。

保険会社には、スペインでは全く狂犬病のワクチンが打てなかったこと、チェコに行くということは連絡していた。






スペインでこれだけ狂犬病のワクチンが手に入らないところを見ると、
スペインは狂犬病の蔓延率がほぼゼロなんじゃないかと思うのですが、
保険会社が言うには、「海外で犬に噛まれた場合、日本で事前接種していても2~3回のワクチン接種が求められてます」とのこと。
大事に大事を重ねて。
何気に飼い犬かどうかも分からんし。
あの犬が狂犬病持ってたかどうかなんても分からないし。








医療通訳さんが来てくれることになった。
彼女の話によると、チェコでは狂犬病はまれな感染症だけど、チェコ人は犬に噛まれたらまず病院に行きワクチンを打つのは一般的なことなのだという。
なので、この病院もその対応は非常に手馴れていた。







しかし、狂犬病のワクチンは非常に強い薬らしく、副作用が出ることもあるので











一晩入院してください。












と。











ま・じ・?














日本の予防接種の時みたいに、一本ブチュッと打って終わりだと思っていただけに
予想外の展開に驚きを隠せない。









結局、もちろん入院して打ってもらうことにしたんだけど、
強い薬なだけに、数回に分けて少しずつ打つ。

両腕とおしりに時間差で打たれる。






これが痛いんだ―っ!!






しかも、病室のベッドにカーテンなんてないから、同室の人に私のかわいいお尻が丸見え。



乙女心はまだ捨てちゃいないよ!!
でも、スクリーンくらいは用意すべきかと思うのですが。











そして、実は夕べからせんべいしか食べてなくて、水も飲んでなくて、
それでこの日の初めてのご飯=夕食がこれ。


P6104678.jpg


パンに、ハムに、りんご・・・。


日曜日は簡単に済ませる日らしい(惜しいことをした)







いや、立派な病院に無償(保険)で入院させてもらえ(立替だけど)、
ふわふわのベッドで(夕べは空港のベンチで横になれないまま空港泊)寝れて、
お茶まで出てくるし
ご飯まで出てくるし、
パジャマも洗濯しなくていいのは、
感謝せねば(涙)。







注射を数本打って、ご飯を食べたら、
薬の作用からか、
移動の疲れと睡眠不足からか、
モーレツに眠くなって、




夕方6時から翌朝8時まで爆睡。




でも、朝は全然起きれなかった。




看護婦さんが夜中に巡視に来ていたのかどうかも知らない。

寝る前はあと一本注射が残ってるって言われたけど、それを打ったのかも知らない。











でも、チェコは、狂犬病の対応がしっかりと整っているということを実感。
中欧ヨーロッパは、ヒトの狂犬病の発症例がごくわずかながら報告されている(らしい)だけあって、
対応がマジでしっかりしている。


でも、医師の診断書には、『全5回のワクチン接種が必要』って書いてあった。
日本で事前接種をしていても暴露後の接種はしないといけないのは同じだけど、
その回数に差があるからね。
この辺は国の見解の違いなんでしょーか。




もしも狂犬病ワクチンを求めるなら、
そういう国に行ってからやるといいかも。

そして旅程に余裕を!




というわけで、無事に記念すべき第一回目の暴露後接種は完了。




つづく。
スポンサーサイト

[2013/06/17 04:59] | チェコ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。