東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は狂犬病の話をしたいと思います。



『狂犬病』は数年前にニュースにもなり、今でこそ日本でもそこそこの人が名前くらいは知っているくらいの感染症ですが、10年前はそうでもなかったんですよね。



10年前、私は3週間くらいインドに行った。
それが私にとって初めての『バックパック旅行』であり、『旅』だった。
今もそうなのかはわからないけど、当時は町がよく停電していて、
帰国3日前、バラナシのその日の夜も停電した。
たまたま外出していて、停電の中、友達のインド人の携帯の明かりだけで薄暗く狭いバラナシの路地を歩いて帰るところだった。
不意に何かを踏んだような感触があった。
直後、足元で『ギャッ!!』という鳴き声が聞こえ、
そのまた直後に、ビーサンを履いていた私の足の親指の先に痛みが走った。
急いで宿に戻ると電気が復旧し、足を見ると、
何かの小動物に噛まれたような跡と出血。
すぐに洗浄し、消毒した。
帰国し、機内で配られた黄色い検疫の紙に小さく、この出来事を書いておくと、
空港で名指しで呼ばれた。
「狂犬病の感染もありうるのですぐに空港の病院でワクチン打ってもらってきて!」
言われた病院に行くと、狂犬病ワクチンはうかつに打てるものではないので地元の病院で相談してくださいと言われた。
地元の病院で相談すると、
「狂犬病?聞いたことないなぁ。大丈夫っしょ!!」と言われ、
それから10年経過したけど、今のところ体に何の異変もない。




あの時は無知だった。
そして、ラッキーだった。
でも、次はどうかわからない。



人は学習をしなければならないのだ。




狂犬病は発症率50%、発症後の死亡率100%と言われている。
今回旅に出る前に予報接種は受けてきたけれど、
万が一狂犬病の疑いがある動物に噛まれたりした場合、それでも追加接種が必要となる。
ただ、発症していない限りは、保菌しているのかどうかがわからない。
そして、ここは海外であり、そして日本ではなじみの少ない感染症なだけに、より不安が増す。







セビリャを拠点に滞在7日目。
一面のひまわり畑を見たいと思ってカルモナという町を目指した。
バスで1時間弱で着いたカルモナの周囲には、ひまわり畑は全くなし。

P6044512.jpg

P6044513.jpg



仕方なくカルモナのもう一つの名物『白い町』を楽しむことにした。

P6044509.jpg

P6044511.jpg

P6044519.jpg

P6044527.jpg

P6044550.jpg

P6044536.jpg




白い町を散策していると、もふもふの可愛い犬。

P6044521.jpg

手を出すでもなく、ただ少し離れて写真を撮って立ち去ろうとしたとき、
ものすごい勢いで吠えられた。

なんだよっ!!犬までチップ求めてくるの!?

すると道の向こうから知らない犬が吠えまくって加勢。
そして・・・








がぶっ!!!










っと足噛まれた!!!
この日に限ってワンピースで素足だったんだよね…。
キズは小さいけど、出血あり。





Oh!狂~犬~病~~~!!!






すぐにセビリャに戻り、宿で紹介してもらった病院へ。
『犬に噛まれた。狂犬病のワクチンください』ってスペイン語で書いたメモを見せると、「コイツ、犬に噛まれてワクチンくれだって。ププッ」って(バカにしたように)笑われ、「診察券がないなら受けられません」って(謎の理由で)追い返された。

次に行った病院も「ここには狂犬病のワクチンはないのよ」と言われ、
町で一番立派であろう病院に行くと、診察時間外と拒否。


翌日、再び行くと診察はしてもらったものの、最終的に、「この病院には狂犬病のワクチンはない」と。それならそうと受付の時点で教えてくれよ!!なのにバカ高い診察代は取られた(保険きいたけど)。

どうしても打ちたいならと紹介してもらった『ワクチンセンター』に行くと、そこは動物のためのワクチンを扱っているところ。私は犬かっ!!!




噛んだ犬は飼い主がいるかどうかも分からず、狂犬病の少ないスペインと言えども決してそのリスクがないわけではない。




ここまで来ると、私の命は笑われるほど軽く、容赦ないスペイン語でまくしたてられ、英語のできる人も病院にはおらず、2日間さまよって、結局は動物用のワクチンを紹介されるということに泣けてきた・・・。あたしってこんなもん・・・?
見かねて教えてもらった『ヘルスセンター』みたいなところに行くと、そこは市役所の厚生課みたいなところで、英語ができるスタッフがとても親切に隣の市民病院みたいな小さな病院に連れて行ってくれた。そこには念願の英語のできるドクターがいて、「スペインでは狂犬病のワクチンは一般的ではないんだよ」っていいながらも接種してくれた。


接種はこの一回だけでいいらしく、診察代もワクチン代も一切無料だった。



すごく大変な二日間だったけど、ほっとしたし、どっと疲れも出た。



正しい知識・予防・判断・・・
自分の身を守れるのは結局自分って、改めて思った。
そして、今は犬が怖い!



しかし、この話には続きがある。



近日公開。
スポンサーサイト

[2013/06/11 20:26] | スペイン その4
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/15(Sat) 22:19 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。