東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、タジンが食べたくて食堂に行った。
タジンっていうのは、モロッコ料理の一つで水を一切使わない蒸し料理。
日本でも流行ってたよね。




店に入って、おじさんに「チキンのタジンある?」って聞いたら
あいよーって取り掛かってくれた。



と、思ったより早く運ばれてきた。




どーーーーーん





って・・・え!?

P5274049.jpg





これタジンじゃなくて、チキンのグリルでしょ!?
おじさーん、私、タジンって言ったやーん・・・。





ちょっと困った顔のおじさん、料理を引っ込めた・・・。
せっかく作ってくれたのに、どうするんだろうと思っていたその3分後、




P5274048.jpg



タジン鍋に移し替え!
オリーブとソース付き(笑)。




うん。そのユーモアにおっけー☆
モリモリおいしくいただきました。















毎日のように通っていた、サンドイッチ屋さん。
ここはチーズ入りでも8DHで、トッピングもパンに入りきらないほどしてくれる。
地元の人でにぎわってるし、モロッコで食べた中でいちばんおいしい。
ある日、ちょっと空いた時間に行ったら、
いつも強面のお兄さんが、
「ジャパーン!アリガトー!」と連呼(笑)。
こんなこと言う人だと思わなかったのでちょっとうれしくなっちゃった。

P5304111.jpg
(↑このお兄さんじゃないよ)

P5304114.jpg












これも毎日通っていたパン屋さんでの話。
この店は、午前中は町の家庭のオーブ代わりンとして、夕方からは店の窯で焼いた菓子パンを売るお店。

P5294068.jpg

夕方、焼き立てサモサを狙ってお店に行くと、
まだ焼けてなかった。


店の窯の兄ちゃんに、「見てきなよ!」といろんなお菓子やパンが焼けるのを見せてもらってた。

P5294081.jpg


欧米人のお客さんが来て、焼きあがっている商品をいくつか選んでお金を払ってた。
お店の人がお釣りを渡した瞬間、彼は突然怒鳴り始めた。
「お釣りが足りない!どうなってるんだ!!!」



いきなり怒鳴らなくてもなー。冷静に話してみればいいじゃん、勘違いかも知れないしー。



なんて思った瞬間、
私もドキッとした。

私、こんな風にキレてたんだ、いつも。。。

私は結構すぐ切れるタイプで、しかもけんか腰に入ることが多い。
世界には、定価がない国もいっぱいあるし、ツーリストプライスなんてのも存在する国もあったし、当たり前のようにボッたくってくる人もたくさんいた。
そのたびにケンカしてたし、悔しかったし、必死だった。
たった10円でも、なめられてたまるか!!って。
でも、ホントに必要なのは10円じゃないんだよな。


そのお客さんが帰った後も店は険悪ムードだったし、
どっちかの勘違いだったかもしれないなら、途中でヒートアップするならまだしも、最初からキれなくてもいいのにって。

自分もそういうことしてたんだなぁ・・・。


パン釜からパンやお菓子がどんどん焼きあがって行って、
窯担当の兄ちゃんが、パンや、お菓子やタジンまで、「食べてみて!」とくれた。
サモサも焼きあがって、いくつかパンも買って帰るとき、
さっきのごちそうになったパンのお金も払おうとしたら、
全力で断られた。
それで、
「明日も今日と同じ時間に来てよ!」って声かけてくれた。

P5294072.jpg

P5294088.jpg



地元の人や観光客でにぎわう、何の変哲もない、メディナの一角のパン屋さん。
すごくうれしかった。

P5294085.jpg
















世界三大ウザい国:インド・エジプト・モロッコ

彼らも生きることに必死だったり、相手に対する好奇心が強すぎたり、苦手なことが多かったり、
もちろんそれだけじゃないかもしれないけど、

はじめから決めてかかるんじゃなくて、
ちょっとだけ引いてみてみたら、
結局は自分の気持ち次第なんじゃないかと思えてくる。

『ま、いっか』の心意気があれば、
旅ももっと楽しくなるかな。

そして、彼らはその『ま、いっか』の心意気に長けている。
それかいい面でもあるし、悪い面でもあるけど、
いい力加減で、それは大事かな。













難しいけどね。
スポンサーサイト

[2013/06/07 10:20] | モロッコ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。