東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンザニアのモシを出た私とじゅりちゃんとたかお氏。
バスで首都・ダルエスサラームに向かった。




東アフリカの首都と言えば、最近治安悪いからきをつけてねーという旅情報が多い。







ダルエスサラームのバスターミナルに着いたのが、日暮近くだった。




そして、そこから私は一人旅に戻る!!









じゅりちゃんとエジプトからほとんど一緒に連れ添ってきて、
ほとんどいろんな旅人とグループ旅してきて、
ここで別れます。


実は今、少し時間に制約のある旅をしている。
じゅりちゃんはダルエスサラーム発のタンザン鉄道に乗りたい、
で、私はタンザン鉄道も魅力的だけど、もっと優先させたい場所に行こうと。

それがマラウィという国の、とある島。



この島へは船で行くんだけど、その船が出るのが毎日ではないうえに
いつ出航するかも明確に決まっていない。

なので、とにかく可能な限り拠点の町に早く着いて船を待たなければならない。
早く行けば行った分だけ早く乗れるチャンスがある!!!










モシから、その島への拠点の町・マラウィのンカタベイまでは
早朝発・夕刻もしくは日暮れ誤着の毎日弾丸移動。
三日かかった。
しかもマラウィに入ってからの検問の連続と接続の悪さで
ンカタベイに着いたのは、夜中1時過ぎ。








なのに、翌日は船はでない。


















その翌日も船は出なかった。






















そしてその翌日も出なかった。










P3090167.jpg





その日は私の誕生日。
誕生日はその島でむかえたかったな。




町の人はとっても親切。





P3080149.jpg









シュノーケルを借りて、湖で泳いだり。


P3100223.jpg




マラウィの国の大部分を占めるマラウィ湖。
魚がいっぱいとるので、町中煮干しの香りでいっぱい。






子供たちはとにかく元気だ。


P3100202.jpg




夕方、日本人旅行者が二人宿にやって来た。

アフリカで何度か会っていたヒデさん。



そして





じゅりちゃん!!!!





キターーーーーーーーーーッ







実は、じゅりちゃんとは、ここ、ンカタベイで待ち合わせてしてて、
私は船が出次第島へ行き、次の船で戻るって言ってあったの。
でも、ンカタベイからの船が全然出ないので、
タンザン鉄道に乗って来た彼女らに追いつかれてしまったというわけ。


ま、ここでゆっくりするのも楽しかったから、まぁいいか。




じゅりちゃんは、私の誕生日を覚えててくれて
その日に再会できたことをとっても喜んでくれた。




それが私にとって、何よりの誕生日プレゼントだったよ。

ありがとう。





その夜は、みんなでバターフィッシュっていう、マラウィ湖のむちゃくちゃおいしい魚を食べに行って、ビールも飲んで、ごきげんに過ごした。









翌朝、やっと船が出るということで、その浸水テントを背負って、
島行きの船へ。




いよいよ、念願のチズムル島へ向かいます。
スポンサーサイト

[2013/04/01 03:56] | マラウィ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。