東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月7日、この日はエチオピア正教のクリスマス。

日本は正月が終わるって時に、まーだクリスマスかいっ!!!







エチオピア正教の聖地と言われるラリベラの町で、
私たちは運よくそのクリスマスの日を迎えることができた。





エチオピアのクリスマスってどんなんやろー




ラリベラはかつて、遠くイスラエルのエルサレムに巡礼に行くことが大変困難だった時代に、エチオピア正教徒のために作ったという、エチオピア正教のエルサレム。



道中はグネングネンのガッタガタの山道をおんぼろの乗車率100%を余裕でオーバーしたバスで向かった。
砂埃と人混みと悪路で、熱出した。





エチオピア正教のクリスマスということで、エチオピア人の信者がたくさん来ていた。
宿の値段も普段の15倍くらい。

P1061558.jpg



ラリベラの教会群は、一枚岩を掘ってつくったといわれている。

P1070007.jpg

P1070038.jpg

P1070062.jpg

P1061552.jpg



迷路になっているでっかい教会もいっぱいあって、
ホントに人の手で掘ったのかと信じられないほど。
ここは世界遺産に登録されている。

P1071583.jpg



クリスマスの日、人であふれていた。
みんなゴザをひいて場所取りしているのは、祭りのためだそう。


私も教会を見てた時に運よくその祭りに遭遇できたけど、
人混みすぎて何も見えず、断念。







でも、エチオピア正教の熱心さに触れることができた。

海外の、特にキリスト教国のクリスマスって、日本と違ってやっぱり祈りとかの宗教的な部分が全面的に出るんだ。
ケーキもプレゼントもサンタクロースもモミの木もないクリスマスだけど、
どこか『キリスト教の大事な日』って感じる。

P1070029.jpg
スポンサーサイト

[2013/01/31 01:17] | エチオピア
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。