東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市伝説が好きで、出発前によくその手のテレビや本を買って見ていました。
中でも、芸人の関暁夫の語る都市伝説が好きでした。


その中で、特に興味を持ち、「世界一周の中で絶対行ってみたいスポット」に堂々入ったのが、
ここ、ダラスです。
ダラスと言えば、そう。
ジョン・F・ケネディー暗殺現場。
一応、形式上は、オズワルドの単独犯行とされていますが、
実際は疑問だらけで、たくさんの憶測を、事件後およそ50年たった今でも語られ続けている、
まさに『都市伝説』な場所。

現場の道路は、普通に今でも交通量の多い道路ですが、
ちゃんと『撃たれたのはここ』ってわかるようになっています。
P9170768_convert_20110917114944.jpg

P9170753_convert_20110917115302.jpg

犯人が射撃したといわれる、『教科書倉庫の6階』は、なんとミュージアムになっていて入れるんです。
現場に入れるんですよ。
すごくないですか。
しかも、国の史跡に登録されているのです。
P9170796_convert_20110917115800.jpg
ここから射撃したと思われる、6階の現場の窓

館内は写真は禁止ですし、現場と言われる場所の一角はガラス張りになっていて見るだけですが、
すく隣の窓や、上階の窓から、
犯人・現場の視線に近い場所から、的(ケネディー)を見ることができるのです。
ミュージアムは、各国のオーディオガイドもあり、
とても詳しく、生々しく説明がありました。
射撃の音まで聞かせてくれましたよ。
ずっと鳥肌が立ちっぱなしでした。
すげーすげーすげーって叫びまくり(心の中で)。

ミュージアムは、平日というのに、長蛇の列・館内もたくさんの人が見学していました。
いかに、関心があるかわかります。
ガイドの内容も、とても詳しくて興味深いものでした。

事件から50年近くたった今でも、
これだけたくさんの人が来て、
彼を想い、
事件の真相に関心を持ち
『歴史』の1ページに確実に残り、
その場所に立っていること、
本当にすごいことだと思います。
彼を想ってのモニュメントも。
P9170772_convert_20110917120132.jpg

関暁夫が、ここ、殺害現場で、
「ときめきがとまらない」って叫んでいましたが、
まさにその通り。
ここで、
この場所で
歴史的な事件が発生した場所に、
リアルに立っていること
本当にすごいことだと思います。

ときめきがとまらないーーーーー


明日は、夜行バスで、
ニューオーリンズに向かいます。
スポンサーサイト

[2011/09/17 12:22] | アメリカ
トラックバック:(0) |

ときめきの件
☆ししゃも☆
自分も都市伝説大好きで、関暁夫の都市伝説は三巻全部持ってます!!!
ダラスですかー。
そりゃあ興奮しますね!

写真載せてくれたのは嬉しいです。

また何かあったら、写真キボンヌ(笑)

Re: ときめきの件
えみりあ
≫☆ししゃも☆さん

都市伝説、わくわくさせられますよね。
ダラスの興奮、伝わって嬉しいです。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
ときめきの件
自分も都市伝説大好きで、関暁夫の都市伝説は三巻全部持ってます!!!
ダラスですかー。
そりゃあ興奮しますね!

写真載せてくれたのは嬉しいです。

また何かあったら、写真キボンヌ(笑)
2011/09/17(Sat) 17:08 | URL  | ☆ししゃも☆ #-[ 編集]
Re: ときめきの件
≫☆ししゃも☆さん

都市伝説、わくわくさせられますよね。
ダラスの興奮、伝わって嬉しいです。
2011/09/18(Sun) 14:25 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。