東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト文明シリーズ、まだまだ続きますよ!!!


でも、けっこうお腹いっぱいになって来たなぁ。








アブシンベル神殿の玄関口、アスワンから電車で北へ4時間。

ルクソールの街へやって来た。



ルクソールもまた、エジプト文明の遺跡がたくさんある街。

ルクソール神殿、
カルナック神殿、
王家の墓・・・。



私は、カルナック神殿だけ行ってきた。


カルナック神殿は、エジプト文明の遺跡の中でも最大級・最大規模の神殿と言われている。


ここも、アブシンベル同様、ラムセス二世が作ったといわれている。


PC191013.jpg

PC191012.jpg

PC191022.jpg

ラムちゃん、でかいなぁ。。。







ここでの一番の見どころは何と言っても








柱。




PC191029.jpg


かくれんぼ出来るくらい。


PC191030.jpg

PC191033.jpg

PC191038.jpg


メインストリートに面しているところから奥に行くにつれて、
ひと気もなくなり、
空気も変わってくる。


その時代へと引き込まれていくような感覚。

PC191039.jpg

PC191048.jpg

PC191050.jpg

PC191054.jpg



ある程度修復はされているだろうけど、
鮮やかな色彩、
柱の美しい配列、
細かな彫刻、

はっとさせられる発見が多い。








PC191055.jpg


これは、ここを7周すると、願いがかなうって言われてるところ。
みんなくるくるくるくる・・・・

私が何をお願いしたかは、ナイショ。








ホントに、この神殿はバカでかかった。
歩いても歩いてもまだ遠い。

PC191058.jpg

PC191067.jpg

PC191075.jpg




そんだけの、ラムセス二世の権力を思い知った。

何千年も経ったこの時代で。
スポンサーサイト

[2013/01/10 21:28] | エジプト
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。