東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よーし、これでヨルダン滞在も満足できたかなー。







というわけで、アカバという町まで一気に南下。

エジプトへは、このアカバという町からフェリーで入ります。






しかし、このアカバ(ヨルダン)発、ヌエバァ(エジプト)着の船、
65ドルという驚異のお値段。
ヨルダンの物価でも、エジプトの物価でも考えられない。


ちなみにバーリ(イタリア)発、ドブロブニク(クロアチア)着というヨーロッパのフェリーでさえ50ユーロでした。
もちろん、移動時間も長いし、船も清潔です。












アカバに到着した時点で私の手持ちのJD(ヨルダン通貨)は少なかった。
と言っても、ご飯とちょっとしたお菓子とタクシーに乗れる程度。


早めにご飯を食べ、かるーく食料の買い物をし、
フェリーのチケットを買いに行った。


深夜便、65ドル。

ドルかJDの現金支払いしかできないようで、残っていたJDいくらかとドルを混ぜて支払した。



フェリーターミナルに行くセルビスが1JD。








フェリーターミナルに行き、出国手続きをする。



出国税10JDの支払い。


10JD・・・。


10・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








9.25JDしかないっす!!!!!!(滝汗)








出国税のこと、すっかり忘れてた~~~~~っ




ど・ど・ど・どうしよう。






窓口のおじさんが両替の場所を教えてくれた。

財布を見ると、ウクライナのお金がいくらか入ってる!!
いけるか・・・?いけないかもしれない・・・。



案の定、両替所ではウクライナなんてマイナーな国のお金は両替できず。








いやいや、こんなところで足止めくらえるかぁっ!!



「私、1JDだけ足りないんです。でも、ウクライナのお金しかないんです。今夜、エジプトに行かなくちゃいけないの。お願い、助けて!!」




両替屋のおじさんに泣きついてみる。


ちょっとしてから、おじさん、








1JDくれました。








きゃーっ!!ありがとう!!!












出国手続きを済ませて、後は船に乗りこむだけなのに、
その船に乗れる時間も、船が出港する時間もあいまいなこの航路。


冷たい夜風にさらされながら、エジプト人のオッサンに埋もれてひたすら待つこと数時間。
英語アナウンスももちろんないので、インフォで聞くと、12時には乗れるといわれる。




12時ちょい過ぎ、
何か暴動でも起きたかと思うくらい星空待合室で待っていた人々が一斉に豹変したかのように走り出した。

な・・・何事!!??

と思っていたら、どうやら乗船ゲートが開いたらしい。
5分もしないうちに長蛇の列ができた。

PC020677.jpg








今回のエジプトへの移動、一人で移動することになったうえ、
この船の乗客のうち、女性はムスリム3名、バッパーはブラジル人の兄ちゃんひとり、後のすべてはエジプト人かヨルダン人かその周辺国のオッサンばっかり。


下船後はブラジル人のバッパーと一緒に行動してたけど、




こんなに過酷な船移動はないわ~。


汚い・うるさい・めんどくさい。






夜行便なのに、一晩中誰かを呼ぶ声が響くし、
女子トイレに入ったらオッサンがいたり、
日本人は下船してから銀行でアライバルビザ取って入国手続きとらないといけないのに、エジプト人に起こされて船内入国手続きの列に並ばせられたり。




これ、下船後の荷物受け取り後のところ。

PC020680.jpg

PC020684.jpg



こんな感じで、いよいよ悪名高いエジプトに突入です。
スポンサーサイト

[2012/12/13 01:48] | ヨルダン
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。