東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダンという国は砂漠の国のようです。







ワディーラムという砂漠のツアーに行ってきました。

ここは世界遺産にも登録されているらしいです。


PB230039.jpg







ツアーは4WDを改造したやつで行きます。
こういう車、久しぶり。

P1050415.jpg






こういうアクティビティーも久しぶりかも。

わくわく!!









砂漠なんだけど、渓谷なのです。

PB230097.jpg






岩登ったり、

PB230017.jpg

PB230033.jpg







砂丘駆け上って滑り降りてきたり、

PB230088.jpg








岩絵見たり

PB230095.jpg










渓谷歩いたり、

PB230052.jpg

PB230154.jpg








世界にこんなところがあったなんて知らなかったよー。

PB230112.jpg

PB230104.jpg

PB230207.jpg











砂漠にすむガイドのベドウィンのお家に行った。

このお肉と玉ねぎ、むちゃくちゃおいしかった。
お肉はぱりぱりジューシー、
タマネギはとろとろあまあま。

P1050545.jpg

P1050548.jpg






ガイドはイケメンだったし☆

PB230067.jpg




泊ったテントは、予想よりはるかにステキだった。
イースター島でのテントを安宿としたら、
今回のテントは高級ホテル並み。


もちろん、電気や暖房や水も限られてるけど、
言い方を変えれば、ツーリスティックだったけど、
こういう機会でもなければなかなか砂漠の生活は体験できない。

彼らのテントは、近々電気を通すらしい。
それは本来のベドウィンの生活ではないのかもしれないけど、
電気や水やあらゆる資源が限られる本来の砂漠の生活をしてみたいと思うのは、
ツーリストの『非日常』を求めるが故かもしけないけど、
そこに『住む』人の『日常』を考えれば便利さ・定住を求めるのは自然な流れなのかもしれない。



『ベドウィンが仕事』


なんか皮肉。



それでも、ここで見た夕日や朝日や景色や出会った人との時間、


この景色は絶対に忘れない。


PB240276.jpg

PB230229.jpg

PB230254.jpg
スポンサーサイト

[2012/12/12 20:52] | ヨルダン
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。