東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PB160314.jpg





イスラエルという国で、どうしてもしたかったことがありました。





それは、



月と星とクロスのネックレスを集めてつけること。




月はイスラム教のシンボルの月

星はユダヤ教のシンボルのダビデの星

クロスはキリスト教のシンボルの十字





三つの宗教の聖地がここにあり、
そして対立しあうこの宗教。

もともとは同じ一つの宗教が根源になっているはずなのに。







自分なりに平和を願ってしたかった。




月がなかなか見つからなかった。


でも、イスラエルを出る前々日、やっとそろえることができた。


PC090722.jpg













でも、

ある日、私のつけていたのを見て、ムスリムのおじさんに声をかけられた。

「君はムスリムなのかい?」
「イスラム教についてどう思う?」
「おれは他の宗教は好きじゃない(文化的に理解できない)」
「君がイスラム教に興味があるのなら、1か月後にはムスリムになっているはずだよ」


彼に対して何も答えることができなかった。


『平和を願って』なんていかに薄っぺらな思い付きだったのか
自分が自分の宗教についてしっかりと語ることもできないし
宗教についても、パレスチナ問題についても、中途半端にしか分かっていない。



中途半端な気持ちではダメなんだ。

特にここ、中東では。




軽はずみだった…。



日本ではただのファッションでしかないものでも、
地域によっては、とっても強いメッセージがあるものもある。

誤解を招くこともある。



なので、ネックレスは外しました。


自分が自分の宗教観をしっかり語れない限り。
スポンサーサイト

[2012/12/09 23:55] | イスラエル
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。