東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回、キエフで泊まっていた宿は、私にとってすごく居心地がいい宿でした。



世界各国のたくさんの友たちができて、
毎日夜遅くまでしゃべって、
もちろん設備もいいし、
キエフが大好きだったのは、この宿に泊まっていたからかもしれない。





モルドバからキエフに戻ってきて、
なんとなく気恥ずかしくなっちゃって、前回泊った宿に行くのはやめてしまった。
それに、ネットで、すごーく安くて、すごーく立地がよくて、すごーくユーザー評価の高い宿を見つけてしまったのです。

延泊しようと思ったら、すごーく安い部屋がフルだった。
オーナーと交渉して、いろんな特典を付けてもらうことで予算よりもオーバーだったけど延泊することにした。







キエフを発つ前日、
ちょっとしたきっかけで、前回泊っていた宿に遊びに行くことになった。
その宿はユースホステルみたいな大きい宿で、人の出入りも激しいし、スタッフもシフト制で複数の交代勤務。

どんな顔して行けばいいんだろう…?きっと忘れてるだろな―。なんて思いながらレセプションに行くと、
「Emilia!!! Welcome back!!!」
って迎えてくれました。



えっ、覚えててくれたのーーー???





そして、「アレックスとは再会できたの?オデッサに行くって言ってたじゃない、どうしてここにいるの??」って覚えててくれた!!









前回キエフを出てから一週間。
何人かの仲良くなった宿泊者とも再会。
みんな、『おかえり』って言ってくれた。


夜までここでおしゃべりしてたんだけど、

今泊まっている宿に戻りたくない、ここに泊まりたい、ここで最後のキエフの夜を過ごしたい!!

って思ってしまった。
その思いは、信じられないほど強かった。






今泊まってる宿、実は居心地がちょっと悪かった。
色んな人と接するオーナーに、不信感にも似た感情があったりもした。
いい出会いはもちろんあったんだけど。







宿に戻る途中、思わぬ再会があった。






PB130269.jpg



アレックス!!!!


キエフで会い、オデッサで再会したアレックス!!
何でいるの!!??


これが決め手となった。



今泊まっている宿、明日の朝、私を待っているのは、

『解放』ではなく『後悔』だと。

支払った宿泊費、返ってこなくてもいい。
ここにはそれ以上のものがある気がしたから。


やっぱり自分に嘘はつけなかったな。






宿替えしましちゃいました。







この選択に全く後悔はなかった。
たくさんの人と再会して、
ネットする暇ないくらい時間を共有して、
朝方までしゃべって、
寝不足の生活。

あー、なつかしい。
これこれ!!この感覚!!!

最後のキエフの夜をここで過ごせてよかった。


ここでバイトしているガヤと話をしてて、
彼女はここの仕事が楽しいって言ってた。

泊まる方もすごく楽しいよ。


まさにDream Houseだよね。




Dream House Hostel & Bar
住所:Andreevskiy Spusk 2D
スポンサーサイト

[2012/11/17 17:22] | ウクライナ その3
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。