東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数日前、歯が欠けました・・・!!!




以前治療した歯で、かぶせ物をしたすぐそばが欠けたのです。





わーーーーーーーーっ!!!!!
どうしよう・・・

あたふたあたふた


ということは実はなく、





あ・・・歯医者行かなくちゃ・・・



と思いまして。






歯医者は海外旅行保険には適用されず、
大したことなければ、そして帰国が近ければ少々我慢できるってもんですが、


いかんせん、私の場合はまだ先が長い上に、
この後に先延ばしするより今行っておいた方が確実!
これは先日の美容院と同じ理由です。









同じドミのロシア人のおじさんに、今日はどこ行くの?と聞かれたので「歯医者行く―」というと


「私は、歯医者だよ」とガッハッハと笑ってました。

彼曰く、治療は2回くらいかかると思うと言われたけど・・・。






宿のレセプションで教えてもらった歯医者は
一つの建物に二つ三つある入り口の中庭の奥にあって、さっぱり迷った。。。


海外で歯科治療すると、一本10万とか聞いてたけど、
旅人の話を聞くと、(国にもよるけど)数千円で済んだ、よかったーとか
キエフの人に聞くと、一本の治療に4000円くらいだとか。

ってか、ウクライナ人の歯科治療は保険ですか―?自費ですか?そこ、重要なんすけど。
日本の歯医者でさえキライなのに
海外の歯医者のさらなる恐怖の背景は、やっぱり高額なところと技術水準が分からないところですよね。







PA290467.jpg


入ると、日本の歯医者よりも薬臭い。

英語が喋れる先生だったのでよかったなぁ。





設備は、日本と変わらず、機械自体が新しい感じ。
これ見て、かなり安心。

でも、うがい用のコップに入った水が黄色かったんですが、
日本でも黄色でしたっけ・・・??
大丈夫か???


えいやっ!!!まな板の上の鯉(再)!!





(詳しいことは分からんけど)日本と同じように施術され、
無事に生き延びることができたのですが、




謎すぎるのは、


あのうがいの水を一度も使わなかったこと。



というか、一度もうがいさせてもらえなかった。

途中も、終わりも。





なのでさわやかさ半減で治療が終わったのであります。

結果オーライだけどね。




治療はこの一回きりだったし、
英語通じたし、
いろいろ説明もしてくれたし、
設備も腕も心配はなかったし、
気になるお値段ですが、日本円で6000円でした。






海外の歯医者ってマジで怖いけど、
行ってみると意外と大丈夫だった・・・というか、身をゆだねるしかないので信じるしかないんだけど、
インドのようにいきなり歯を抜かれるということもなかったので
とりあえず行ってみるのも一案かと。
スポンサーサイト

[2012/11/05 08:38] | ウクライナ その2
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。