東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェンゲン協定からの日数稼ぎのためだけに選んだ、ウクライナ・リヴィウ。




ここを選んだ理由は、
ベルリンからの交通費が一番安い
長距離バスの日程が、ここが一番都合がいい
稼げる日数(滞在日数)が丁度いい



というだけ。

当初、10月3日のドイツの統一記念の様子も見れないってのが残念だった。






ウクライナ行のバスに乗りこんでから思い出したんだけど、
日本にいたころ、何度か通っていた地元のウクライナ料理屋の、ウクライナ人マダムとの会話。

えみりあ:ウクライナのおすすめの街はどこ?
マダム:キエフガ、イイ。
えみりあ:キエフ以外には?
マダム:ソレハムズカシイ・・・リヴィウ、イイトコロ
えみりあ:どんなところがいいの?
マダム:ソレハムズカシイ・・・。レキシガアル。ワタシ、ワカイコロ、イッタ。トテモウツクシイ。









ヨーロッパの旅は、特に、歴史の旅でもあったので、
わずかに残っている学生時代の世界史の知識と、
ふしぎ発見で学んだ知識に加えて、
入国前・もしくは観光の前にガイドブックの国の歴史を読み込んだり、
wikiで調べてから行くようにしてた。
といっても完全な知識ではないけど、知識がないよりまし。



ヨーロッパに入ってから特に、
これぞまさに『大人の社会見学』って感じ。
勉強×移動×観光×生活×出会い=旅


特に旧ユーゴ諸国をまわっているときは、
近代史が欠かせないのに加え、駆け足で移動していたので本当に忙しかった。









リヴィウは正直、今のタイミングで来る予定はなかったので
特に予習もせず、
のんびりして『街を感じる』滞在にしようと思った。





はっきり言って、シェンゲン避難っていうだけ。





でも、リヴィウ、すっごいよかった。

ご飯は美味しいし、
人は優しいし、
美女は多いし、
ステキなカフェは見つけられたし、
のどかで自然は多いし、
何より物価が安い。

PA030154.jpg

PA030156.jpg

PA030161.jpg

PA060297.jpg



毎日だらだら過ごすのかと思いきや、
なんだかんだ街歩き楽しかったし、
そしてそして、この時期に恋のトンネルに行けたのが一番ラッキーだった。
もう少し遅かったら葉のないトンネルだったかも。それはそれで面白いかもしれんな(笑)。



久しぶりに観光に追われるのではなく、『街を感じる』ことができた。


リヴィウ、大好きな町の一つになった。






ベルリンに帰ります。
スポンサーサイト

[2012/10/09 06:13] | ウクライナ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。