東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米・アルゼンチンのウシュアイアで出会った、世界一周中のノブさん・アサミさんご夫妻。
彼らはプロではないのですが、とっても素敵な写真と文章をいつもFBに載せてくれます。


彼らも今ヨーロッパを周遊中。
私も同じようなルートを進んでいるので、彼らの写真を見てつい、
「あっ、ここ行きたい」
「あの場所に行こう」
と行先を決めてしまうことがよくあります。




先日アップされていた写真。

あ・・・これ、知ってる。見たことある。

でも、どこにあるのかもどうやっていくのかも知らない。
見れば見るほど引き込まれていくその景色。

いきたい。
いきたい!!!
いきたい!!!!!!





場所は・・・




ウクライナのリヴィウ。

きゃーーっ!!行ける!!!!



彼らに連絡を取り、行きかたを詳しく教えてもらった。
彼ら自身もゼロからの情報収集で、行くのにもとても苦労したという。
交通の便が悪く、
リヴィウ市民も知らない、
現地の村人がかろうじて知っているかもしれない程度というこの場所、
方向音痴だし、大丈夫かなぁ。




しかし、彼らの的確な移動指示と、現地の村人の助言により、
私も何とか行くことができた。




それが、

『恋のトンネル』






PA050242.jpg

どこまでも続く緑のトンネルと線路。








後ろで『ガサッ』と音がしたので、野ウサギかなと思って振り返ると、


地元のおばあさんだった。

いきなり森から現れたのでビビった。
そしてトンネルを横切ってまた森へ入って行った。。。







PA050232.jpg


時を忘れてずんずん進みたくなる。


トンネルの出口はどんな景色なんだろう。




時間が止まったようだった。













すると、トンネルの向こうから近づいてくるものがある。

何だろう。近づいてみる。



目を疑った。
何度も目をこすった。

夢を見ているようだった。







ここは廃線ではなかったの・・・?






PA050268.jpg




現役でした。
ゆっくりゆっくり(駆け足くらい)の速度だけど、貨物列車が目の前ギリギリをすり抜けた。

PA050275.jpg




ウクライナの木々は黄色く色づき、
天然のじゅうたんがひかれる。
風は冷たく、
吐く息は白い。



PA050279.jpg



冬はもう目の前です。
スポンサーサイト

[2012/10/06 08:16] | ウクライナ
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



えみりあ
≫ちひろさん

コメントありがとうございます。
行きかたについては後日またお伝えさせていただきます(ちょっとお待ちください)。
東欧は私も最初は怖い・寒い・謎というイメージしかありませんでしたが、行ってみてとても魅力的な国が多かったです。
言葉がなかなか通じない(英語ができる人が少ない)というのはありましたが、それでも一生懸命伝えたい・わかりたいというお互いの想いがあればコミュニケーションはとれました。
機会があったら行ってみてください。


ちひろ
こんにちは。
お返事ありがとうございます^^
いろんな写真楽しみにしているので気を付けて旅を続けてくださいね!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/12(Mon) 23:19 |   |  #[ 編集]
≫ちひろさん

コメントありがとうございます。
行きかたについては後日またお伝えさせていただきます(ちょっとお待ちください)。
東欧は私も最初は怖い・寒い・謎というイメージしかありませんでしたが、行ってみてとても魅力的な国が多かったです。
言葉がなかなか通じない(英語ができる人が少ない)というのはありましたが、それでも一生懸命伝えたい・わかりたいというお互いの想いがあればコミュニケーションはとれました。
機会があったら行ってみてください。
2012/11/16(Fri) 21:02 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
こんにちは。
お返事ありがとうございます^^
いろんな写真楽しみにしているので気を付けて旅を続けてくださいね!
2012/11/19(Mon) 22:26 | URL  | ちひろ #M4tCp.cg[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。