東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクープ!!!なんて書いたけど、結構有名な話かもしれん(笑)。








ギリシャ神話のストーリーの中で、有名な、「ミノタウロス」の話。
ミノタウロスとは、頭が牛で、体が人間のやつです。

P9090083.jpg




ミノス王が神様との約束を破って、預かった牛を返さなかったので
怒った神様がミノス王の妃に牛との子を産ませた。
それがミノタウロスで、成長し、凶暴になり手に負えなくなったため、
ミノタウロスを、一度入ったら二度と出てこれなくなるという迷宮に閉じ込めたという話です。





そのミノタウロスの迷宮が、実在したんです。

ここ、ギリシャのクレタ島に。









紀元前1200年ごろまで存在したクノッソスの宮殿遺跡

P9090015.jpg


非常に規模の大きい宮殿でした。
しかも、地上三階建て。
一部復元されてました。
P9090005.jpg

P9090039.jpg



そしてこの宮殿の地下には、



ミノタウロスの迷宮と言われる遺跡が・・・!!!!



P9090028.jpg


実際にそこに入ることはできなかったけど、ここが入口と思われる。
中はかなり複雑な作りになっていて、まさに迷宮だということです。






迷宮の方も気になりますが、地下室に入れないので仕方ないです。
地上の宮殿の方も、すごかった。
宮殿は、壁画が残っていて、かなり美しい。

P9090078.jpg

P9090011.jpg

P9090019.jpg

P9090068.jpg

紀元前1200年とは思えない。
このイルカとか、やばいし。


ていうか、でかすぎて迷った。
地上なのに、見通しいいはずなのに迷った(笑)。





でも、ミノタウロスって一番の被害者なんじゃないかな。
半人半牛で生まれたら、嫌でも狂暴になるだろうし、
それで地下の迷宮に閉じ込められて。

P9090085.jpg



実際に人間と牛の間に子供ができるとは考えられないけど、
クレタ島には昔から、牛と交わる儀式というのが存在したという。



また、このミノスの王家の家紋が斧=ラブリュスをかたどられているのですが、
これが迷宮=ラビリンスの語源になったといわれています。


都市伝説好きには、たまらない遺跡だった。
スポンサーサイト

[2012/09/10 07:20] | ギリシャ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。