東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルという町には世界遺産に登録された橋と街並みがあります。



けれど、ここも、1990年代の戦争で激戦区だったといわれている場所でもあります。





バスターミナルを降りると、何人もの宿の客引きが声をかけてきた。
そのうちの一軒のおばちゃんの宿にお世話になることにした。



おばちゃんの運転で宿まで向かう途中、
『ここが戦争で犠牲になった人たちのお墓だよ』
『この廃墟みたいな建物は、かつて大きなホテルだったんだよ』
と説明してくれた。

でも、言葉が出なかった。









モスタルは、サラエボ以上に激戦の痕が残っている。
多分、比にならないほど。


P8315020.jpg

遺跡と化した廃墟がいくつも残っている。

P8315022.jpg

P8315025.jpg

ただ、簡単なフェンスで近づかないように包囲してあるだけ。
数えきれない数の銃痕が、その悲惨さを訴えている。

P8315026.jpg

よく見ると、建物の中にまで銃痕が見える。







想像を絶する。







世界遺産に登録された街並みにも、銃痕の残る家が普通に存在し、普通に使われている。

P8315028.jpg


そのまま使い続けられる建物
銃痕をコンクリートでふさいで使い続けられる建物
新しく作られた建物
そして、そのまま廃墟として存在している建物



それらが共存する町。







戦争の被害で、世界遺産の橋も破壊されたそうだ。
けれど、ユネスコの協力もあり、再建され、再び世界遺産に登録されている。

P8315050.jpg



橋の周辺・旧市街は、
ツーリスティックと言えるほど。
土産物屋が立ち並び、ユーロやクロアチアの紙幣も使え、英語の通用度も半端ない。

P8315038.jpg

P8315031.jpg


レストランは、サラエボの旧市街のレストランより高い。





けれど、廃墟の街になるよりまし。
世界遺産の街として再びスタートを切っている。







街ですれ違う、現地の人
街で接すことができた、現地の人。

多くの人は、あの戦争を経験し知っているだろう。
家族を失った人がいるかもしれない。
友達を失った人がいるかもしれない。
多くの傷を負ったまま、生きているだろう。




それでも私が会った現地の人は、皆元気だし、笑顔だったし、優しかった。


寄ってきた物乞いにコインを渡している人が、この国には多い。
他のヨーロッパ諸国ではほとんど見ることができなかった光景だ。








当初、ボスニア・ヘルツェゴビナには来る予定ではなかった。
でも、実際の戦争の傷跡を、街や人々の中に残る傷跡を見ことができ、
ここに来てよかったと、今では強く思っている。

戦争は、きっと、他人事では、自分とは無縁のことでなければならない。
でも、きっと、世界を見てみると、現状、他人事であってはならないような気もする。


P8315042.jpg
スポンサーサイト

[2012/09/01 07:58] | ボスニア・ヘルツェゴビナ
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。