東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBでちょっと書いたんだけど、
ブログに文章でちゃんと残しておいた方がいいと思ったので書きます。






イタリア、20日以上いました。
長かったなー。
早かったなー。


すっごく嬉しい時もあったけど、
すっごく嫌だったことも同じくらいあった。


ギャップが激しい国だなーと思った。

だから、ワクワクしたってのも事実。



北イタリアは美味しいパスタが名物、
南イタリアはマフィアが名物
なんて言う冗談も聞いてた。




ローマからナポリに向かう電車の中でガイドブックを開いていたら、
ナポリは治安が悪いが、近年多少改善された』って書いてあった。



今まで、マドリッドにしても、リスボンにしても、バルセロナにしても、パリにしても
ヨーロッパで『治安が悪い』と言われている場所は、
スリの被害がメインで、自分で気を付けてさえいれば全然問題ない治安だった。
むしろ、アルゼンチンのブエノスアイレスのほうがずーっと治安悪いし。
だから、ナポリも『ヨーロッパ的治安悪い程度でしょ』って思ってた。


でも、ナポリについてすぐに、そうではないってことがすぐわかった。


物乞いがローマの5倍増し。
街は落書きだらけ。
電車の車窓や駅の表示看板まで落書きで全然見えない。
張り紙だらけ。
変なにおいするし、
小学生がバイク二ケツしてぶっ飛ばしてるし。
夜、路地裏に迷い込んだら、タダでは出てこれないんじゃないか!!??って激しく思った。


窓の外にロープを張って洗濯物を干している情景や
道が市場になっているところなんて、完全にアジアですよ。
P8210001.jpg


ここ、ヨーロッパでしょ??





夕方少し前、
ナポリの街を歩いていると、
ガラの悪そうな小学生5人が歩いてきた。
少し警戒していたら、案の定、
すれ違いざまにポシェットをひったくられそうになりました!!!

ぎゃあ!!!



ポシェットを前にしっかり持っていたので奪われることは回避できたけど
めっちゃ怖かった・・・・・・・・


あのね、小学生って言っても体格は日本の中学生みたいだし、
か弱い乙女なのでいくら小学生でも5人もいては勝てる自信はなかった。


南米でもアメリカでも『危険な目』に一度も会わなかった私。
初危険な目は、ナポリでした。
ま、未遂でよかったけど、かなりビビった。

あのー、ここ、ヨーロッパだよね…??









でも、ナポリは決して危険なだけな町ではない。



バックパック背負って宿の場所を探していると、
めっちゃ多くの人がすれ違いざまに
「○○ホステル行くの?あっちだよ」
と声かけて教えてくれる。
尋ねてもないのに。
連れて行ってくれる人もいたし、
こちらから訊ねても
「ごめん、わかんないけど、あの人なら分かると思うから聞いてみて」
とわざわざ道路まで出て声かけてくれる
そんな温かい人にめちゃくちゃたくさん出会った。
P8210003.jpg



ナポリだけじゃない、多くのいわゆる『治安悪い』街・国の人は
めっちゃ親切。めっちゃ優しい。
行ってよかったって思える経験や出会いがある。
『治安悪い』っていうマイナスイメージを
自分たちのできることでもって、自分たちによって、払拭しているかのように。
それはかなり地道な作業だし、
マイナスイメージってなかなか消えるのは難しいけど、
でも、そういう一個一個が嬉しいから
私にとってナポリもベネズエラもコロンビアも危険と言われる南米諸国も
『行ってよかった』
『楽しかった』
と言える思い出の方がはるかに大きい。


カラカスとか、イメージだけで行かなかった都市も実際あるけど、
行った人はみんな口をそろえて、『人が親切だった、よかった』
っていう。
行っておけばよかったな。




事前の情報収集も大事だけど、
実際に見てみないと分からないことが本当にたくさんある。




ナポリのイメージはピザだけだったけど、
ナポリに来て、イタリアに来て、いろんな表情を見つけることができました。



P8220090.jpg
おいしかったピザ。
スポンサーサイト

[2012/08/29 08:03] | イタリア
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。