東へ東へ・・・目的地は、ずばり『日本』!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマに一週間いようと思ったというか、
ローマに日曜日までいたいと思った理由が、


ローマ教皇の謁見





あのローマ教皇に会えるんだぜ!!
ローマ教皇って言えば、カトリックでは、
イエスキリストの代理者、
つまり、生きたイエスキリストってわけです。



しかも、目の前でー
生でー
生教皇!!!



毎週水曜日と日曜日に謁見があるらしいんだけど、
水曜日は宿替え騒動のため行けなかった(というか、水曜に謁見があったってことも昨日知ったんだけど(笑))。





日曜日、正午、バチカンで教皇に会えるっ!!!!








そして迎えた日曜の朝、ネットしながら教皇のことを予習していたら・・・




≪現在の期間、ローマ教皇の謁見はバチカンから少し離れた町の離宮にて行っています≫








なーーーーにぃーーーーーーーーっ





時計を見ると、その町まで行く時間が

なーーーーーいっ







・・・・・。


・・・・とっ・・・・とりあえず・・・・


・・・・・・・バチカンいっとこ。

今日、もう一度サンピエトロ寺院に行くつもりだったので、向かった。





12時前にバチカンついて、サンピエトロ広場をうろうろしていると、
広場に設置されていた液晶テレビが作動中。

んー・・・前回来たときは作動してなかったよーな…



見てみると、


離宮での教皇謁見の生中継!!!

P8190613.jpg


P8190617.jpg



液晶越しに私を含む、バチカンに来ていた人たちも謁見に参加!!
P8190621.jpg


あきらめてたけど、
液晶越しだけど、
でも場所じゃない。

謁見中、震えが止まりませんでした。



世界中のカトリックの頂点にいる人なのに、
威厳は十分にあるのに
驕っている感じが全然なかった。



そして支持する人の数や熱気、
世界中からここに集まっているし、
そして世界中のために祈る。
あぁ、ここは聖地なんだと改めて強く感じた。









ローマ最後の観光場所は、ここ。

トレビの泉。


行ったとき、人が多すぎて泉が見えなかった(笑)
P8190657.jpg




一回投げると、再びローマに来ることができるように。

二回投げると、恋愛がうまくいくように。


P8190661.jpg











そして、今日のパスタシリーズ。
最終回の今日は、シェア飯はなく、一人分。
レタスとチーズとシーチキンの冷静パスタ。

P8200666.jpg

移動日前日は、残った食材の始末が旅人の宿命です。

昨日買ったレタス半分と、パルメザンチーズの残りを
昨日のシェア飯メンバーから贈呈して頂いたので、
ずいぶん豪華になりました。

今日は日曜日なので、スーパー開いてないことを想定して
せめてもと、昨日のうちにシーチキン缶だけ買っといてよかったー。

パスタだけとかじゃなくてよかった―
(最終回でソースなしの、パスタだけとか、シャレにならんし)

っていっても、ビジュアルは完全に『男の料理』って感じですが、
味は良いです。




パスタパーティーも毎日楽しかったし、
ローマ観光も時間が足りないくらいだったし、でもゆっくり回れたし、
宿ライフも充実していたし、
シェア飯して、夜遅くまで語り合える仲間にも出会えたし、

ローマライフ、すっごい楽しかった。



明日はナポリに移動します。
スポンサーサイト

[2012/08/20 08:34] | バチカン市国
トラックバック:(0) |


しゅん
男料理、最高ですね!
次は日本でシェア飯ですね!レタスの敷き詰めなら任せてくださいw

Re: タイトルなし
えみりあ
≫しゅんくん

無事に次の町につけたかな??
帰国したらシェア飯、
いやいや、レタスだけじゃなく腕、上げといてください!

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
男料理、最高ですね!
次は日本でシェア飯ですね!レタスの敷き詰めなら任せてくださいw
2012/08/21(Tue) 00:24 | URL  | しゅん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
≫しゅんくん

無事に次の町につけたかな??
帰国したらシェア飯、
いやいや、レタスだけじゃなく腕、上げといてください!
2012/08/21(Tue) 06:13 | URL  | えみりあ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。